伊勢谷友介を相貌心理学で分析すると「警戒心が非常に強い」
画像を見る

20年9月、大麻取締法違反(所持)の容疑で現行犯逮捕された伊勢谷友介(44)。初公判では起訴内容を認めたが、大麻の入手ルートは黙秘したまま。12月22日、懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡された。

 

そんな伊勢谷を、1億人以上の顔分析に基づくフランス発の「相貌心理学」で徹底分析! 日本唯一の相貌心理学教授で、新刊『フランス発 相貌心理学 運命のお相手は「顔」で選びなさい』(KKロングセラーズより発売中)を上梓した佐藤ブゾン貴子先生に話を聞いた。

 

「伊勢谷さんは輪郭が細く、お顔に肉付きがまったくないですよね。目の下から唇の上までの“感情ゾーン”が平ら。えぐれているくらい平らなんです。感受性が高く、脆くて傷つきやすい。さらに、警戒心がすごく強いことが読み取れます。疑いの心で相手を見てしまうという傾向が強いです。目力があって目がつり上がっているので一見強い男性に見えるかもしれませんが、ものすごく繊細で脆い方だと思います」

 

鋭く見えるルックスが、繊細で脆いとは意外な結果。他に気になるのは額の広さだという。

 

「“思考ゾーン”である額が拡張されているので理想主義者でもあります。どうにかして自分が理想とする伊勢谷友介像を実現していきたいけれど、もともとの感受性の強さと脆さがそれを邪魔してしまう。理想と現実のバランスが崩れて、自分自身を失い、歪みを埋めてくれるものを求めて薬物へ手を出してしまったのかもしれません」

 

伊勢谷といえばDV疑惑も取り沙汰されてきたが、相貌心理学的に暴力的なことをしやすい相貌というのはあるのだろうか。

 

「暴力的な相貌というものはないのですが、伊勢谷さんは、感情を体や動作で表現する傾向があることが相貌から分析できます。また、えぐれているかのように平らな頬が気になります。頬の肉付きはある程度思春期に形成されるのですが、優しさや愛情が欠けてしまうと、えぐれた頬になりがちです。優しさや愛情というものが何かをわからないまま成長しているから、その表現方法が分からない。思春期までにできあがる相貌なので、一度形成されるとなかなか消えるものではありません。恋愛においても、自分が受け入れるというような寛容さが持てないので、受け入れてもらう立場になるしかないのです。相手に優しく受け入れてもらうことによってコミュニケーションが成立するタイプと言えるでしょう」

 

さらに意外なことに、保守的なタイプでもあるという。

 

「彼の顔で特徴的なのは鼻先。横から見たときに鼻先が垂れています。こういう方は保守的で、“石橋を叩いて渡る”タイプ。みんなが“いいね”と肯定してくれないと何かを起こさないので、どちらかというと革新的なことを成し遂げるタイプではありません」

 

保守的で感受性が強くて脆い。そうした繊細な内面が一因となって、薬物に手を出してしまったのかもしれないが、犯した罪は大きい。

関連カテゴリー: