嵐が駆け抜けた21年…ファン以外からも「ありがとう!」の声
画像を見る

’20年の大晦日で活動休止となった嵐。21年にわたり第一線で活躍してきた彼らに今、感謝の声が数多く上がっている。

 

同日、無観客ライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」を午後8時からオンラインで生配信した嵐。途中、中継で「第71回 NHK紅白歌合戦」に出演した際、メンバーの松本潤(37)はこう語った。

 

「あと2時間あまりで年が明けて、僕たちの嵐が一旦止みます。嵐が去った後に虹のかかった美しい空が、どうか皆さんの前に広がりますよう」

 

その後、「This is 嵐 LIVE」に戻ると最後まで嵐は全力でパフォーマンス! そして「The Music Never Ends」「Love so sweet」を歌い終えると、感謝の言葉を何度も口にしていた。

 

21年もの間、日本の音楽シーンを駆け抜けてきた嵐。その感動はファンのみならず、多くの人たちに波及したようだ。ネットには、こんな感謝の言葉がつづられている。

 

《わたしは物凄くファンって訳じゃないけどやっぱり常に近くにあった感じがするんだよなぁ……だからやっぱり寂しい……でもまた5人を見られるのを楽しみにしてます。ありがとう!! お疲れ様でした》
《ファンというわけではなかったが、コメントも良かったからか、歌い終わった後に拍手をして「お疲れ様、ありがとう!!」とテレビに向かって言っていた。うん、俺、明日からこのメンバーを見れなくなるのが寂しいんだな》
《曲を聞けば色んなことを思い出す。最後まで最高のパフォーマンスを届けられる嵐はスーパーアイドルだなと感じた ありがとう!!!》

関連カテゴリー: