最愛の妻と母が相次いで他界…桂文枝語っていた2人への感謝
画像を見る

落語家・桂文枝(77)の妻・真由美さん(享年67)と、母・治子さん(享年99)が相次いで他界していた。   各メディアによると、昨年からガンを患っていた真由美さんは、1月24日に入院先の病院で死去。治子さんは翌25日に、老衰で息を引き取ったという。   「文枝さんは、新型コロナによって様々な活動ができなくなったことを嘆いていま...

関連カテゴリー:
関連タグ: