中居正広が巨額寄付を続ける理由 26年間で総額2億円以上に
画像を見る

《公益のため多額の私財を寄附したので、令和三年一月三十日、紺綬褒章並びに賞杯を授かった者は、次のとおりである》   2月9日付の官報により、紺綬褒章を受章したことがわかったのは中居正広(48)。全国紙の社会部記者は次のように解説してくれた。   「紺綬褒章は国や地方公共団体などに私財を500万円以上寄付した人を対象に、審査を経...

関連カテゴリー: