有吉弘行「子供は結婚してから」実母に語っていた“恋の順番”
画像を見る

《柄にも無いことで少々恥ずかしいのですが この先 こういうことは無いと思いますので ご報告させて頂きます この度 私達 有吉弘行と夏目三久は令和三年 四月一日 に結婚いたしました》

 

Twitterにこうつづったのは、有吉弘行(46)。彼は4月2日、フリーアナウンサー・夏目三久(36)との結婚を発表した。さらに彼は《お世話になっている皆様方にもっと笑っていただけるよう これまで以上に精一杯頑張っていきたいと思っております》と意気込んでいる。

 

各メディアによると、’11年4月から放送されたバラエティー番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で出会ったという2人。実は同番組が3年目を迎えた’13年8月、共演者のマツコ・デラックス(48)とともに本誌で三者対談しているのだ。

 

その際、記者が「有吉さんのパートナーに相応しい人はどんな人?」とマツコに訊ねると「この人、誰でもいいと思うよ」との返答が。そして、有吉も「俺もそう思う!」と同調した。さらに「できちゃった婚でもいいと思いますか?」と問うと、マツコは「それぐらいしかないと思う、この人が結婚するきっかけって」とコメント。有吉も「しても、いい、と思います」と答えていた。

 

有吉弘行「子供は結婚してから」実母に語っていた“恋の順番”
画像を見る ’16年8月。一部メディアが有吉と夏目の“できちゃった婚”を一面で報じた

 

すると、その3年後となる’16年8月。一部メディアが有吉と夏目の“できちゃった婚”を一面で報じた。双方の事務所が事実無根と否定。彼自身も「全くない」とラジオで明言した。

 

本誌は当時、有吉の母・きみさんに取材している。「基本的に結婚はその人の自由だし、好きな人であればいつどんな方とでも結婚していいと思っています」と語ったきみさん。13年に有吉は「デキ婚でもいい」と話していたが、いっぽうでこう否定していたという。

 

「芸能界で“できちゃった結婚”ラッシュだった時期があって、そのとき『どう思う?』と聞いたんです。するとあの子は『俺はこういうのだけはちょっと勘弁してもらいたいな……』と言っていました。実際、あの子は『子供は結婚してから』という考えを持っています。だから今回みたいに妊娠してから結婚というのはちょっと考えづらいと思います」

 

「デキ婚でもいい」発言は、マツコに乗せられのだろうか? そして今回、晴れてゴールインした有吉。母も胸を撫で下ろしているだろう。

関連カテゴリー: