ローラ10年ぶり出演も賛否…尾を引くフワちゃんへの“塩対応”
18年3月、本誌の直撃に答えるローラ 画像を見る

4月5日、ローラ(31)が10年ぶりに『しゃべくり007』(日本テレビ系)に登場。この日はチュートリアルの徳井義実(45)が、約1年半ぶりにレギュラー復帰した回でもあった。新たなスタートを切った番組で、ローラはゲスト“第1号”となった。

 

「番組は徳井さんの謝罪から始まりました。スタジオに流れていた湿っぽい空気は、ローラさんの登場で一変。彼女の明るさが“助け舟”となったかたちでした。有田哲平さん(50)は10年前のVTRで、『裏でもこんな感じ!』とローラさんのキャラを褒めていました。ローラさんもその時と同じように右手で『OK』サインを見せ、頬を膨らませる仕草などを披露。堂々とコメントする度に、共演者たちがツッコむといった感じでした」(テレビ誌ライター)

 

まさに“天然キャラ炸裂”といったローラだったが、視聴者の反応は賛否両論のようだ。

 

《しゃべくり×ローラ、やっぱ最強ね》や《面白すぎる》といった声があがるいっぽう、《ローラはこの前のフワちゃんとのバチバチがチラつくからなあ…》《ローラはフワちゃんとの放送事故でイメージ悪くなっちゃったなぁ》といった意見も見受けられた。

 

背景にあるのは、昨年11月21日に放送された『まつもtoなかい~マッチングな夜~』(フジテレビ系)でのフワちゃん(27)との対談のようだ。

 

「松本人志さん(57)と中居正広さん(48)が見守るなか、ローラさんはフワちゃんに素っ気ない態度を取っていました。“タメ口キャラ”で組まれた対談でしたが、ローラさんが『何かが合わない感じがするの』と発言する一幕もありました。これまで見たことのないローラさんの様子に、視聴者から『キャラ変わった』『怖い』といった声があがっていたのです。フワちゃんも落ち込んでいた様子でした。

 

’15年にLAへ移住したローラさんですが、日本でのテレビ出演の機会は減りました。それだけに、1回1回の登場が視聴者に強く印象付けてしまうのでしょう。2人は3月20日放送の『炎の体育会TVSP』(TBS系)で再共演し、和解をしたかたちになっています。しかし、ローラさんの“塩対応”がいまだに尾を引いているようです」(芸能関係者)

 

4月11日にも『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)の出演が予定されているローラ。果たして、“天然キャラ”を貫くことはできるのだろうか。

関連カテゴリー: