柴咲コウ心酔するパートナーの存在 中華系セレブで貴族交友も
画像を見る

「土掘ったり、レクチャーしてもらいながら、少しずつ(農場の生活に)慣れていくっていう(状態です)。いろいろ植えてきました。ベリーだったりとか……」

 

5月22日放送のトーク番組『人生最高レストラン』(TBS系)で北海道での充実した生活について語ったのは柴咲コウ(39)。

 

北海道に新しく家を建て、牧場を経営し、現在は東京と行ったり来たりしているという。

 

「柴咲さんは’20年3月に長い間所属していた事務所から独立しています。’16年に設立したレトロワグラース株式会社の社長と女優という二足の草鞋を履くなかで、さらに新しい挑戦を始めたことが話題を集めました」(芸能関係者)

 

本誌が取材を進めると、柴咲の牧場は新千歳空港の近くにあることがわかった。その広さは東京ドーム6個分ほど。

 

登記によると、農畜産物の生産、加工および販売をしており、さらに馬に乗って行う団体球技の一つである「ポロ」の競技馬の生産や調教なども行っているという。

 

5月25日に登壇したイベントでも柴咲は、この牧場について明かしている。

 

夢について尋ねられた柴咲は、「コミューンを作る」と答え、さらに、

 

「北海道で共同ファームを持っていますが、意識、思いが共通する人たちを集めてユートピアみたいなものを作りたい。馬に乗って、畑を耕してみたいな」

 

と熱く思いを語った。

 

そんな目標に向けて走りだした彼女には、新たなパートナーがいる。ファームを共同で経営する中華系英国人実業家のフウ・フェイフェイ氏(39)だ。

 

次ページ >イギリス貴族と交友で高級寿司店も経営…中華系セレブの素顔

出典元:

「女性自身」2021年6月15日号,

【関連画像】

関連カテゴリー: