小山田氏辞任で「マツケンサンバ」待望論 佐村河内守を推す声も
画像を見る

《この度の東京2020オリンピック・パラリンピック大会における私の楽曲参加につきまして、私がご依頼をお受けしたことは、様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております》   7月19日の午後7時ごろ、公式サイトにこう声明を発表したのは東京五輪の開会式で楽曲制作に起用されていた小山田圭吾氏(52)。90年代に複数の音楽雑誌で“いじめ告白”をしていたこと...

出典元:

WEB女性自身,

【関連画像】

関連カテゴリー: