寂聴さん「私には最後まで愛する人がいた」30年交流の元スタッフに託した遺言
10年10月、徳島の法話の会で女性を抱きしめる寂聴さん(撮影:西田茂雄) 画像を見る

病室の外では昨夜から秋雨が降っていた。朝6時をむかえようとしているころ、ベッドに体を横たえる寂聴さんに、寂庵のスタッフたちは代わる代わる声をかけた。   「庵主さん、○○です……」   そのたびに寂聴さんは閉じていた目を少し開けて、その声がするほうへ、少しほほ笑んで見える顔を向けたという。   11月9日...

出典元:

「女性自身」2021年11月30日・12月7日合併号

【関連画像】

関連カテゴリー: