20年1月、都内のジムで汗を流していた田中みなみ 画像を見る

最近、写真集に新たな風が吹いている。すでに知名度や実績のある女性タレントが30代になって新たな魅力を発するため、写真集を発売し始めているという。

 

たとえば“一般人”と名乗っているが、現在もSNSを中心に活動する木下優樹菜(34)は今年3月に「CORRECT」(双葉社)を発売。

 

“おバカタレント”の代名詞だった鈴木奈々さん(33)も今月に念願のバストアップ達成記念として、大胆に胸元アピールした写真集「Vivace」(講談社)を発売している。

 

そのほかにも、今年2月には女優の比嘉愛未さん(35)が「本心」(集英社)を発売。6月にはタレントの中川翔子さん(36)の写真集発売が予定されているのだ。

 

さらに昨年を振り返ってみても、一時は不倫や裁判沙汰といった波乱のイメージもあったゴマキこと後藤真希(36)が21年11月に写真集「ramus」(講談社)を発売。往年のファン層を燃え上がらせていた。

 

芸能人として一定のキャリアを築きながら名実ともに“ひと肌脱ぐ”というのは、今やそんな不思議なことでもなくなってきているという。コラムニストのおおしまりえさんは「流れのきっかけになったのは、田中みな実さんの成功事例」と分析する。以下、その理由とは――。

 

次ページ >田中みな実の写真集成功が見せた3つの活路

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: