画像を見る

お笑い芸人の山本圭壱(54)と元AKB48で現在はタレントの西野未姫(23)が結婚を発表した。

 

最初の出会いは2018年の番組共演で、2020年にLINEを交換。今年4月に「軍団山本」のメンバーを交えた食事会が開催されて急接近し、交際がスタートしたという。プロポーズは50回以上していたといい、5月には実家への挨拶も済ませた2人。恋愛から結婚までは超スピード婚だったようだ。

 

そして注目を集めたのが、その年齢差。なんと31歳差の結婚だったのだ。報道を受けて各所から称賛の声が上がっているが、恋愛ジャーナリストのおおしまりえ氏は「私に限らず多くの人が感じていることかもしれませんが、長期的な視点でみると不安も感じます」と話す。幸せいっぱいの報告に感じるモヤモヤの正体について聞いた。

 

■若い子好きの一貫性が長期的な関係に影を落とす?

 

まず感じるのが、「若い子好き」という一貫性が5年10年経ったときに不安材料にならないかという点です。

 

山本さんといえばかつて、番組で “若い子好き”と暴露されたこともありました。そして今回の結婚も31歳差。つまり20年以上、好みが変わっていないということです。

 

今は若い妻が、若くなくなったときに関係がどうなるのか……。幸せな報告に水を差すのも無粋ですが、その点について不安を感じずにはいられません。

 

次ページ >友人の評価で気持ちが揺れるのは心理効果?

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: