CD情報  『マリーンsings熱帯JAZZ』

 

マリーンsings熱帯JAZZ 【収録曲】

  1. マシュ・ケ・ナダ
  2. フォーリン・ディープ
  3. ネヴァー・キャン・セイ・グッド・バイ
  4. ケ・イシステ
  5. アイル・ネヴァー・フォール・イン・ラヴ・アゲイン
  6. エイント・ノーバディ
  7. エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ
  8. マジック
  9. クッド・イット・ビー・マジック

1月4日生まれ、フィリピン出身。
“天才少女”と呼ばれ、アジア各国からデビューオファーが殺到。18歳で来日、“マリリン”としてデビュー。
当初はアイドル歌手としての活動だったが、ジャズ・シンガーを目指し、1981年、『ファースト・ラブのように』で“マリーン”として本格的なシンガーデビュー。
1983年『デジャ・ヴー』『マジック』でブレイク。デビューから約10年後、個人事務所を設立。
2007年『ジャズ&アウト』でメジャー復帰。

本作は熱帯JAZZ楽団とのコラボレーション3曲を含む、自身初のラテン・ジャズ・アルバム。
そして全曲、オルケスタ・デ・ラ・ルスを代表する人気メンバーとして広くその名を知られることになったパーカッショニストでプロデューサーのカルロス菅野プロデュースによる熱帯サウンドが彩る!