image

『3年B組金八先生』に出ているころからチェックしていました! 中尾明慶君。

キムタク主演の『GOODLUCK』では、パイロットになった兄に代わり、父(いかりや長介さん)のドッグ(漁船)を守る、健気で明るい弟で注目を浴び、『ブラザー☆ビート』では、イケメン兄弟(玉山鉄二、速水もこみちら)とシンママを支えるお料理上手末っ子を好演。
また、『ドラゴン桜』では東大を目指す落ちこぼれ高校生、長澤まさみ主演の『セーラー服と機関銃』ではアネサンを守って死んでいくヤクザ、と毎回、多彩な顔を見せてくれる演技派俳優に成長しました。

そして何より今回の『ROOKIES』では、関川秀太と一心同体になった中尾明慶の渾身の演技。視聴者は彼の姿に関川のキャラを重ね見て、いつしか関川ファンは中尾ファンとなったはず!!

彼にとっても忘れられない「これからの役者人生を考えさせられる」1作となったそうです。

また、ローティーンのころから芸能界に入って順調に歩んできた彼も現在20歳。いろいろ気になる“お年頃”です。

本誌表紙の「結婚」という文字に「最近、結婚ブームですよね。僕と年の変わらない俳優さんで結婚されたり、結婚するんじゃないかと噂されたりする方がすごく多いですよね」と、興味深々。
そこで「結婚とか意識しますか?」 とツッコミを入れると「そんな余裕がないですよ、自分のことで精一杯(笑)」と中尾君。とはいえ、「若いパパにはなりたい」そうで、「結婚せずに、子供ができたら良いな」なんて、どこまで本気なのでしょうか(笑)。

今回のインタビューでは、そんな微妙な“お年頃”の本音トークがさく裂(?)!
そろそろ、恋愛の話題も提供していただけるかな? と期待をしてますよ、中尾君!!

ROOKIESとの出会い、別れ

image

Q.いよいよ、5月30日、映画が公開になります。昨年から今年にかけては、『ROOKIES』一色だったのでは?

そうですね、ずっとROOKIESでしたね。昨年2月に初めてみんなと出会ってから1年3か月くらいになるんですけど、ここまで一つの作品に集中できたことはありませんでした。ここまで長い作品はなかったんで、ハリウッドスターになった気分です(笑)。

Q.日本のドラマはほとんど3ヶ月で1クールですからね。中尾さんは以前、『3年B組金八先生』(TBS系)に出られていましたけど、それよりずっと長かった?

途中、3ヵ月くらい空いた時期もあったんですけど、さらに映画をやることになって……。『ROOKIES』という作品が、自分にとって相当でかいものになったなぁと思います。

 

Q.大きな作品になったというのは、これまでと役への取り組み方が違ったり、共演者との結束が強かったり、という意味ですか?

すべて全力でほかの作品もやっているので、取り組み方に関してはいっさい変わってないです。ただ、多くの人にドラマを見ていただいて、そのおかげで映画になった、というのがやっぱりいちばん大きいことで。街を歩いていると「ROOKIES見てるよ」って声をかけてもらうことがすごくたくさんあって、小さい子からも、サラリーマンの方からも、「キミ、関川だよね?」とか、「関川って良い奴だよね」って言われるんです。なかには、「昔はオレもああだったんだよ」って言う人もいて、だいたいそういう人には「それは嘘だろ!」って思うんですけど(笑)、そんなふうに声をかけてもらえることがうれしかった。

Q.ドラマを観た人の反響が大きかったんですね。

そうですね、そんなふうに世の中の人に知ってもらえたっていうのが本当にすごく大きな意味があったのは確かです。今は、公開前のドキドキもあるんですけど、ROOKIESという作品に関われたことがすごくうれしい。

 

関連タグ: