『女帝』、『夜王』、『嬢王』と、手がけた作品が次々と話題になる
ヒットメーカー倉科遼の『帝王』が7月からドラマ化された。 
毎週深夜、華やかな水商売の世界を舞台にした、
波乱に満ちたストーリーが展開される。
主人公・咲輝凌を演じるのは塚本高史
民放初主演の彼に独占インタビューしてみた!

 
(あらすじ)
高校を卒業後、坂木了が選んだ道は工場作業員。高校時代はJリーグを目指すなどサッカー少年だった。
変化も刺激もない単純作業を続けることに恐怖を覚えた了は、結局、工場を退職してしまう。サッカーについで二度目の挫折。
そんな坂木に転機が。サッカー部仲間だった友人が彼女をホストクラブのNO.1ホスト・連城透に奪われたと言う。
行きがかりから、ホストとして連城と勝負をすることなった了は、水商売の「み」の字も知らぬまま、水商売の世界へ。
ついた「源氏名」は「咲輝凌」。酒が飲めない凌を待っていたのは、客からの辛らつな言葉と、先輩ホストたちからの陰湿なしごき。
それでも凌は、がむしゃらに、人を喜ばすこと、癒すことを追求していく。

imagei
塚本高史

つかもと・たかし★‘82年10月27日生まれ、東京都出身。サンミュージック新人タレントオーディション俳優部門入賞後、多くのドラマや映画に出演。代表作にドラマ「木更津キャッツアイ」(TBS系)、「マンハッタンラブストーリー」(TBS系)、映画「バトルロワイアル」などがある。若手演技派俳優として活躍中。

image ドラマ『帝王』
出演:
塚本高史 與真司郎 袴田吉彦 木村一八 竜雷太 ほか
TBS毎週水曜深夜24時29~
MBS毎週金曜深夜24時~
ほか各局にて放送中 
※詳しくは公式HPで! http://www.tei-oh.com 

関連タグ: