益岡徹 映画『脇役物語』で初主演!

                                             image

華やかなスポットライトが当たらない人生も、様々な喜びに満ちあふれている――。
映画『脇役物語』は自分を見失いがちな人に贈る、ロマンスあり笑いありの人生讃歌です。
そして主人公の脇役俳優に扮するのは、映画、テレビ、舞台などで幅広く活躍する名俳優・益岡徹さん。突然訪れた恋に動揺しながらも自分の人生を見つめ直していく純粋な中年男の姿を、コミカルに、チャーミングに演じています。
俳優生活30年を迎えた益岡さんに映画のことや俳優の道に進んだきっかけなどうかがってきました。

ますおか・とおる★

56年8月23日生まれ。山口県出身。俳優・仲代達矢主宰の無名塾出身。80年、舞台『ソルネス』でデビュー。以後、個性あふれる実力
派として数々のTVドラマ、映画、舞台などで活躍する。緒方篤監督の前作『不老長寿』に出演し、今作で長編映画主演初挑戦となる。ナレーターとしても高い
評価を得ている。

映画『脇役物語』

image

ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー
出演:益岡徹 永作博美 津川雅彦 松坂慶子
(公式サイト)www.wakiyakuthemovie.com

(あらすじ)
万年脇役俳優のヒロシは職場でも私生活でも脇役キャラ。街を歩けば店員、係員、警備員、果ては誘拐犯に間違われ、家では大物劇作家の父から犯人前扱い。そ
んなうだつのあがらない中年ヒロシにある日、ツキが回ってきた! 新進女優アヤとの恋に、映画出演のチャンス。人違いされるのは名優の証だというアヤの言
葉を胸に、ヒロシは堂々と自分の人生を歩んでいくことができるのか!?