image

くまモン、ふなっしーと、町おこしの一環として誕生したご当地キャラクターがブームになっているが、ここにきて異色のキャラクターが登場した。『ねば~る君ネバ~』と、語尾に必ず『ネバ~』をつけて話すのは、茨城県非公認の納豆の妖精『ねば~る君』だ。

ねば~るくん★

13年冬より、茨城県非公認ゆるキャラ納豆の妖精『ねば~る君』として活動を始める。年齢710歳の赤ちゃん。茨城県を中心に各地でのイベ
ントに参加している。趣味は読書(漫画含む)。特技はダンスと歌をうたうこと。茨城県が運営するインターネットテレビいばキラTV『ねば~る君が行く!』
(毎週木曜日配信)にレギュラー出演中。

<ここでねば~る君に会える! 今後の予定>

image

【イベント】
・6月29日 (日)  17:00〜『水戸ご当地アイドル(仮)』新曲発表イベント
(場所)水戸駅北口ペデストリアンデッキ、
・7月20日(日) 14:30〜『北関東ゆるキャラ&グルメ祭り』
(場所)ケーズデンキスタジアム水戸
【その他】
・6月29日(日)13時~
『噂の!東京マガジン』(TBS系)
・7月12日(土)23時~
『緊急検証!オカルトリカルワールド茨城~北関東超ふしぎ発見!~』(CSファミリー劇場)
出演:山口敏太郎 大槻ケンヂ 辛酸なめ子 ねば~る君 中沢健  
※ねば〜る君ツイッター@nebaarukun

 

――ねばーる君の活動は13年の冬から始まったそうですね。
「そうネバよぉ~。世界中の皆に納豆をもっともっと食べてもらいたかったのと、茨城を知ってほしかったので、ねば~る君が生まれたネバねぇ~」

――現在の活動内容としては、イベントに参加するのがメインなのでしょうか。
「そうネバね。まずは誰もが知っている茨城県が応援しているいばキラTVでレギュラーを持っているネバよぉ~。納豆普及イベントや茨城の地域イベントに出ているネバよぉ~。茨城県以外のイベントにも参加しているネバ。ねば~る君は呼んでもらえたら地球上のどこにでも行くネバよぉ~」

――今のところ外国のイベントには行っていない?
「そうネバね。国内でも一番遠くて東京ネバねぇ~。ねば~る君はお金持ちじゃないから遠くへ行ったことはないネバねぇ~」

――ねば~る君のデザインはどなたが考えたんでしょうか?
image「デザイン!? ねば~る君は、大豆のお父さんと納豆菌のお母さんから生まれたから、ハンサムなねば~る君は納豆の神様がつくったネバよ。縦に伸びるのは、納豆が伸びるから、ねば~る君も伸びるネバねぇ~」

――非公認ということですが、茨城県を代表するキャラクターということでいいんでしょうかね?
「ねば~る君は茨城の代表ゆるキャラネバよぉ~。でも、茨城で一番有名なのはコスモ星丸さんネバねぇ~。つくば万博のシンボルマークネバね。ねば~る君は、コスモ星丸さんの足元にも及ばないネバねぇ~」

――同じご当地ゆるキャラとして、ライバルはやはりふなっしーですか?
「ふなっしーさんはゆるキャラ界のヒーローだから、すごいと尊敬しているネバよぉ~。ライバルではないネバ」

――茨城県でねば~る君でどれくらい有名なんでしょうか?
「歩いていると『ねば~る君だ』って言ってくれる人も出始めてきているから、ちょっとだけ知名度あがってきたかもネバねぇ~。伸びると大喜びされるネバよぉ~」

――小さい子供たちがねば~る君が伸びた瞬間に逃げていた動画を見ましたが……。
「そこがむずかしいところネバねぇ~(笑)。2歳児ぐらいだと本当にお化けが来たと思ってるネバねぇ~。ねば~る君、納豆の妖精だからお化けじゃないネバねぇ~」

――13年の冬から活動を始めて、夏を初めて経験するわけですが、ねば~る君は暑さに強いのでしょうか。
「納豆は40℃超えると元気になるけど、一度経験してみないとわからないネバねぇ~。楽しみもあるけど、怖さもあるネバねぇ~。水分補給をしっかりするネバよぉ~」

――ふなっしーの中の人も話題になっていますが、ねば~る君の中の人は?
「ねば~る君に中の人はいないネバよぉ。ねば~る君の中には、納豆の魂が入っているネバだから、とってもきれいな魂が入っているネバねぇ~。茨城と納豆のためなら何でもやってしまう魂ネバよぉ~」

――ねば~る君の今後の夢をお聞かせください。
「世界中の皆が、納豆をもりもりネバネバ食べて、納豆のように仲良くネバネバと友達になれるのが夢ネバねぇ~。納豆で世界の平和を願うネバよ。あとは茨城県のことも知ってもらいたいネバ!」