「私の武器? 何なんだろう……。アクションと英語かなぁ、武器なのかどうかわからないけど。じつは、英語のスキルは、この3年間ではそれほど伸びてなくて。それよりも、高校のときの1年間のアメリカ留学と、それから5年間のアメリカ人のボーイフレンドとの生活で身についたのだと思います(笑)」

『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』で主要キャストの一人、刀ガールのミコ役で、大ヒットシリーズに出演を果たした祐真キキ(26)。単身アメリカに渡って3年間、200本超えるオーディションを受けてきたという彼女に、今回の大きなチャンスを掴んだ秘策を聞くと、そう軽快に答えた。関西弁でポンポン飛び出す言葉は、じつに小気味いい。

image

祐真が演じるミコは、東京に暮らす個性的な日本人女性。幼いころに失踪した父親を探すため、ゲームと現実の世界を行き来する。ゲームでは、アニメになった祐真そっくりのミコが、日本刀を手に大勢の男たちと格闘を繰り広げる。オーディションでは、日本の俳優養成所で学んだ太刀回りやアクションを審査員の前で披露。劇中も、身長153cmと小柄な彼女は、激しいアクションシーンで軽やかな動きを見せている。

「キャラクター的に、今回は、背が高くなくてよかったのかなっていう気もします。ラッキー! って(笑)。身長は全然コンプレックスじゃないですよ」

image

「ゲームのなかで“ダークミコ”という別のキャラが登場して、本来のミコ VS ダークミコという戦いがあるのですが、ダークミコは関西弁をしゃべるので要注目です!(笑)。じつは、セリフの和訳は全部、自分でやっていたんです。プロデューサーから、『ダークミコ』は、ちょっと悪ぶった感じで話してくれ』って言われて、関西弁にしよう、と。『サウスのアクセントをつけるけど、いい?』って聞いたら、OK!って言われて。関西弁はとりあえず、東京より南だからサウス、みたいな(笑)」

image

撮影現場は、驚きの初体験ばかりだった。ロケ先であるカナダ・トロントに向けてアメリカを旅立つ直前、ホテルが提供されないことを知って愕然としたそうだ。

「レギュラー陣は、自分でアパートを借りると聞いて、もうビックリ!(笑)。日本人が経営している不動産屋に、急いでアパートを探してもらいました。みなさん有名人なので、提供されるホテルだと、滞在しているのがバレちゃうし、部屋の好みがあるらしくて。私からすれば、すっごくいい部屋で広いのに。あと、日本とは違うなあって思うことは、ランチです。みなさん、どんなに時間がなくても、1時間、まるまる使って美味しくいただく。それに、その場で作ってくださった温かいおかずがいろいろなプレートで置かれ、そのなかから自由に選べて、まるで日本の高級ホテルのバイキングみたいなんです」

また、出演者一人ずつ、専用のトレーラーが用意され、冷蔵庫やコンロから、ベッドやシャワー、トイレなども完備されているそう。

「もう、ふつうに部屋。東京のワンルームよりもいい部屋ですよ」

image

世界的なヒット作『HEROES/ヒーローズ』の最新作に起用された日本人俳優として、一気に注目されることになった祐真キキ。アメリカでの俳優活動を目標にしてきた彼女にとって、これは出発なのか、それとも、ひとつの目標が達成されたことになるのか?

「出発ですね。やっと、自分のやりたいことに近づけるかなぁ、って感じです。じつは、私、難民の支援をしたり、発展途上国とかの現状を世界に広く伝えたりするような活動をするのが夢なんです。わかりやすく言うと、アンジェリーナ・ジョリーさんがやられているようなことですね。それには、有名にならなきゃいけないと思っていて。当然、人道支援とか、そういう仕事を本職にすることも考えました。でも、一方で、女優になるのも夢だったんです。『人生、一度きりだから、大きい夢を目指そう!』。そう思って、今の道を選びました。今は、とりあえず、自分の知名度を上げることが優先。世界情勢もつねに変わりますし、そういう情勢をきちんとわかったうえで行動していきたいですね」

夢に近づくために有名になりたい。そう素直に語る彼女に、いつか夢を叶えたいと思っている女性たちにメッセージがほしいと頼んだ。

「夢は大きく持ったら、その手前のちっちゃい夢は全部叶っていくと思うんです。まず、人に言えないくらい恥ずかしいくらいの大きな夢を持って、絶対、叶うと信じることが大切です」

image

祐真キキが出演する『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』は、Huluにて大ヒット独占配信中!「アメリカで放送されたものが、日本で1ヶ月後に見れるなんて、すごいなあ(笑)。ベネットを演じるジャック・コールマンさん以外は、ほぼキャストを一新してお届けする新シリーズ。オリジナルを見たことのない方にも楽しめるような作品になっています。ぜひ、Huluでご覧になってください!」 

PROFILE

祐真キキ(すけざね・きき)’89年4月5日生まれ。京都府出身。高校在学中、アメリカに1年間留学し、英語を習得。21歳から2年間、俳優養成所「アップスアカデミー」(東京都新宿区)で学び、3年前にアメリカに渡った。’15年、アメリカのテレビドラマシリーズ『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』のオーディションに合格。主要キャラクターの一人、刀ガールのミコ役を演じた。

作品情報

image

「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」
Huluにて大ヒット独占配信中
公式HP:HeroesReborn.jp
(C)2015 NBC Universal. All Rights Reserved.