image

 

「大阪ではよく焼き肉を食べに行きます。近ごろはロースやハラミが好きで。おいしい店を探すのが楽しい」

 

そう語るのは、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロイン・すみれ(芳根京子)の義兄・野上潔を演じる高良健吾(28)。’11年の『おひさま』以来5年ぶりの朝ドラ出演で演じる野上は、すみれの初恋相手であり、姉・ゆり(蓮佛美沙子)の夫。女性たちを引きつけるカリスマ性のある男だ。

 

「潔はどんなに迷って苦しいときでも前向きで、臨機応変に自分のやるべきことを見つけられる。そういう変化をいとわない潔が、僕は好きですね。この作品の真ん中にあるのは、思いやり。ヒトを思いやることが、めぐりめぐって自分に返ってくるというのを感じていただきたいです」

 

11月に29歳になる高良。この数年は、30歳をひとつの節目と考え、自分の可能性を模索してきたという。

 

「勢いや感覚だけで芝居をしていてはダメだと知って、人の話を聞いたり本を読んだりして学ぶようになりました。これからの1年で何かつかめるんじゃないかなと。今回、父親役を経験できるのもプラスになると思うし、変われると信じています」

関連タグ: