image

「東映入社の条件は水着の写真を撮ること。私はそれまで膝上のスカートをはいたこともなかったし、ボディラインを強調するような格好も嫌でした。仕方がないから1枚だけ撮ったんですけど、本当に恥ずかしくて……」

 

そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第75回のゲスト・女優の三田佳子さん(75)。明るく朗らかな笑顔で「今日はよろしくねー!」と颯爽とスタジオ入りした三田さん。革ジャンにロングスカート、高めのヒールのブーティーという若々しいファッションもとってもお似合い。エイジレスな魅力たっぷりの三田さんと中山が語り合いました。

 

中山「三田さんは高校卒業後に東映に入社し、本格的に女優業がスタートしたんですね」

 

三田「そうです。東映に入ってから高倉健さんと共演が続き、『僕は俳優になるのはすごく抵抗感があったけれど、今後の人生をいろいろ考えて、嫌々入った』とおっしゃっていたの。私も水着の撮影で『こんなに屈辱的な経験をしてまで……』と思い悩んでいたので、健さんとの共通点がありました。健さんは私をとてもかわいがってくれました。たぶん私がぎこちなくて女優らしくなかったからなんじゃないかな」

 

中山「ギラギラしていなかったからなんでしょうか?」

 

三田「うーん……健さんは(美空)ひばりちゃんとコンビを組んだあとに、私とコンビを組むようになりました。最初に健さんと共演した映画はロケ期間が長くて、撮影で1カ月くらい一緒だったんです。そしたら、健さんが突然、『よっこ、みたよおしっこ』と言ったんですね。『え、何?』と思ってキョトンとしていたのですが、何度か言われて、やっとわかったんです。『みたよおしっこ』って、三田佳子っていう意味なんです。それに気づいたとき、急に恥ずかしくなっちゃって……」

 

中山「あの健さんがそんなジョークを!」

 

三田「健さんはひょうきんだったんですよ。でも、当時だって渋くかっこよかったのに、『よっこ、みたよおしっこ』ってからかわれて、もう衝撃的すぎて忘れられない」

 

中山「それは貴重な経験ですね」

 

三田「それから20年以上たってから、内蒙古自治区の映画祭に健さんも参加されたの。あまりの懐かしさに、内蒙古の大平原で私は健さんの腕にすがって、健さんは黙って私を抱き寄せてくれた。ボロボロ私は泣いてしまい、健さんは物思いにふけっていた様子でした。『みたよ、おしっこ』で顔を真っ赤にしていた女のコが女優として一本立ちして、お互いずっと俳優業を続けてきた来し方に2人とも感じるものがあったのね……」

 

中山「それまで健さんと交流はあったんですか?」

 

三田「私はそのとき50歳、健さんは60歳でしたが、それまでずっと会ってなかったんです。健さんの大ファンの檀ふみちゃんや名取裕子ちゃん、多くの映画関係者もその場に一緒にいたのですが『あの2人の世界に、私たちは絶対入っていけなかった』とあとで言っていました。誰も寄せ付けない雰囲気だったみたいですね」

関連タグ: