image

 

「前編は“男たちの闘い”が、後編は“愛情”が、それぞれ主軸になっています。前後編通して、僕が演じる桐山零が成長していく。それが見どころです」

 

にこやかにそう話すのは、神木隆之介(23)。まもなく公開される主演映画『3月のライオン』(前編・3月18日〜、後編・4月22日〜)は、大ヒットコミックの実写化とあってこの春の超注目作。神木が演じるのは、高校生でありながらプロの棋士として活躍する桐山零。

 

「僕自身も幼いときから役者をやってきて、親からは『一人の役者として立て』『わがままは許されない』『できて当たり前』と厳しく言われてきました。幼いころ共演した役者の方々は、僕を一人の役者として見てくださっていたと思います。今回演じた零も、一回り以上年上の棋士たちと対局しますが、年齢に関係なく真剣勝負をしています」

 

将棋を知らずとも“棋士ってかっこいい!”と思わされてしまう迫力の対局シーンも注目だが、豪華キャスト陣との撮影の様子を聞いてみると……。

 

「天才棋士役の加瀬亮さんは、威圧感のあるお芝居をされるのですが、緊迫したシーンの直前でも『最近どう?』と話しかけてくださるおちゃめな方です(笑)。伊藤英明さんは健康オタクで『隆ちゃんもおなかが出てくるから今のうちに鍛えたほうがいいよ』と言いながら現場で腹筋をしていました。零が通う高校の先生役の高橋一生さんは、優しくてほんわかした方でした」

 

零が出入りするようになり、心の支えともなっていく川本家のシーンでは、猫たちも大活躍。

 

「猫、かわいくて癒されました。気分屋なところが好きです。近寄ってきてくれるときと、全然来てくれないときと両方あって、翻弄される感じが好きです」

関連タグ: