image

 

「僕は萩本欽一さん主宰の社会人野球チーム『茨城ゴールデンゴールズ』に所属させてもらっていて、そのキャンプ地が宮崎県日向市だったんですよ。毎年冬になると日向市に行って、地元の人たちとも仲よくさせてもらっていたんです。そしたら、僕が活動休止をしてからすぐに、日向市の方々が東京まで来てくれて、『こういうときなので、まずは日向市に来て、ゆっくりしてください』と誘ってくれたんです」

 

そう語るのは、不定期連載『中山秀征の語り合いたい人』第77回のゲスト・極楽とんぼの山本圭壱(49)。所属事務所は違えど、加藤浩次がアルバイトをしていた中目黒のバーで、20代前半から酒を酌み交わしていた中山と山本。久々の再会は10年ぶりに山本が復帰した吉本興業・東京本部。旧知の仲の2人がじっくり語り合ってくれました。

 

中山「10年ぶりに芸能界に戻ってきて、どうですか?山本ちゃんが何をやっているかというのは、週刊誌などでちょこちょこ報じられていましたよね」

 

山本「マスコミで『萩本さんからの許しを得ていない』など、僕にまつわることで萩本さんについての記事が出たこともありました。でも、実は萩本さんは2年ごとに必ず、あのノンビリした口調で『やってんのかぁ〜』と電話をくれていたんです」

 

中山「それは知らなかったですね。さすが萩本さん。見捨てずに見守るんですね」

 

山本「もう本当に頭が上がりません。ありがたくて……。僕は’15年1月に初めて1人で舞台をやったんですね。どこの事務所にも所属せずにフリーでやる舞台だったので、自分でビラを手作りして、下北沢の劇場近くでビラ配りをしました。それがSNSなどで拡散したのですが、その舞台の前日に萩本さんから電話があったんです」

 

中山「萩本さんから!」

 

山本「僕はもっと大きな舞台での復帰なら、絶対に連絡をしていたのですが、まだこぢんまりした一人舞台で不安定な状態だったので、萩本さんに連絡できずにいたんです。そんなとき、萩本さんに『お前、明日やるんだってな。舞台の前にウチに寄ってくれないか』と言われて、ご自宅に伺いました。そしたら、『おめでとうな』ってご祝儀を……。『誰よりも最初にな、俺が渡さないといけないから。舞台に行ったらな、いろいろあるから、ここで渡しておくな』って」

 

中山「それはすごい。萩本さんは本当に心が広い方ですよね」

 

山本「はい。僕はずっと僕についての記事なのに萩本さんが書かれることについて、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。本をただせば『お前が言うな』ってことなのかもしれませんが、今こそ中山さんの力を借りて、ぜひ萩本さんについて、改めて多くの人に知っていただきたくて……」

 

中山「萩本さんはご自身が受け皿になっても、『俺がやってやった』なんて自分から言う人じゃないしね」

 

山本「そうなんです。チームに迷惑をかけたのも、悪いのも僕なんですけど、ここまで間があいているのに、ずっと声をかけ続けてくださったんですよ。心から感謝しています」

関連タグ: