image

 

来年のNHK大河ドラマ『西郷どん』を絶賛撮影中の鈴木亮平(34)。多忙のなか並行してこの秋挑むのは、新国立劇場開場20周年記念の主演舞台『トロイ戦争は起こらない』(10月5〜22日まで)。稽古場に潜入すると、以前よりがっちりした姿が! そんな彼に、『西郷どん』への意気込みを聞いた。

 

ーー昨年末の『西郷どん』の会見時よりも体が大きくなっているような気がしますが。

 

鈴木「体重は量ってないのですが、おそらく過去最大です。(腹をパンとたたいて)着物姿も、これで貫禄十分!」

 

ーー大河ドラマの主演が決まったときは、どんな気持ちでしたか?

 

鈴木「『本当ですか?』って、ちょっと笑っちゃったんです。いつかはやりたいという夢はありましたけど、僕にはまだまだだろうと。その半面、僕にオファーをいただけたということは、『今ならできるかもしれない』という思いもあって、不思議とプレッシャーを感じなかった」

 

ーー座長として考えることは?

 

鈴木「僕がとてもストイックだという噂があるみたいで。現場でも緊張感があるんじゃないかと誤解されちゃうんです(笑)。みんながリラックスできて、やるときはやる、そんな現場の空気が作っていけたらと。目指すは、楽しく、ほがらかな現場です」

 

ーー大河と並行して主演舞台もお稽古真っ最中。セリフを覚えるのが大変じゃないですか?

 

鈴木「ですです(笑)。鹿児島の人って、何でも2回言うんですよ。セリフは、実は全然違う作品のほうが切り替えはしやすい。特に大河の薩摩弁は外国語を話しているような感じですしね。イントネーションが想像以上に難しいんですが、苦労している姿は見せたくなくて」

 

ーーやはりストイックですよ。

 

鈴木「高いハードルを与えられるのは好きですね(笑)」

関連タグ: