image

 

「最初は『エッ!? この役を私にオファーする?』と驚きました(笑)。でも、台本を読むと、とても面白くて。真希のセリフに、昔、ある大臣が言って批判された“女性は子どもを産む機械”発言が出てくるんです。決して下ネタばかりではなく、現代の社会問題に照らして、いろんな角度から鋭く切り込んでいると思います」

 

そう話すのは、三浦春馬主演ドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系・土曜23時5分~)に園部真希役で出演する黒木メイサ(29)。32歳でバージン。しかも社内の男性と不倫中という役だ。

 

「正直、演じていても理解できないことばかり。ただ、彼女がいちずに一人の男性を思っている部分だけは応援してあげられるのかなあと思います」(黒木・以下同)

 

共演者のみんなとの会話も弾んでいるようだ。

 

「会話の内容がおかしなことになってますね(笑)。『彼・彼女いる?』とか、ふつうの現場では、遠慮して聞かないようなこともざっくばらんに何でも話します」

 

6月に第2子を出産後、14キロの減量に成功。9月に発売された写真集『INCARNATION』では見事なプロポーションを披露。

 

「産後ダイエットに励んだという意識は全くなくて。ジムでトレーニングすることが習慣となり、体にいい食事を取るように心がけることが生活の一部になってきている。今はそれを続けていくことが理想です」

 

来年5月には30代に突入する黒木。これからの仕事の展望を次のように語る。

 

「最近、演じる役の年齢がようやく実年齢に追いついてきて。今、お芝居をしていて楽しいんです。気負わずこの状態をキープしていけたら、と。家族の支えがあるから、こうしてお仕事が続けられるんだな、と日々実感しています」

関連タグ: