image

 

「台本を読んだときは、腹を抱えて笑いました(笑)。かなり攻めた内容だと思って。でも、ただの群像コメディではなく、現代の世相を映した社会派の要素もある話なんじゃないかと。非現実的ななかにもどこか現実味のある内容で、演じていておもしろいです」

 

そう語るのは、放送中のドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系・土曜23時05分~)で“エリートだけど童貞の30歳”という主人公・荒川英人を演じる三浦春馬(27)。30歳以上で性経験がない男女が入学させられるオトナ高校を舞台に、童貞、処女を捨てるため生徒たちが奮闘する物語だ。

 

いつもの三浦春馬のイケメンぶりとは一変、勉強一筋で異性との交流がない、残念すぎる男子を体当たりで演じる姿が衝撃的だと話題になっている。そんな三浦に、自身が考える“オトナ”像を聞いた。

 

■マネジメント能力をもつ

 

「時間管理をはじめ、自分のマネジメントをきちんとできる人。スケジュール帳に記したものに忠実に生きるってことかな。僕も前まではスケジュール帳を持ち歩いて忠実にやってたんですよ。最近は、ドラマの香盤表がスケジュール帳がわりですけど(笑)」

 

■目標達成のための忍耐力

 

「自分が設定したビジョンに対して妥協せずに頑張れる人。きちんと目標を決めて毎日努力して、目標の達成に近づいていける人。そのためにも、計画性と努力を継続的に続けられる忍耐力と探求心を持っている人でありたいと思いますね」

 

■一瞬の恥を恐れない

 

「素直に助けを求めて感謝できる人。たとえば知ったかぶりをしないとか。聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥だということを改めて感じます。困ったときは助けてもらいながら、感謝し続けられるオトナが理想」

 

ドラマでは今後、ますますはじけた三浦の活躍が見られそう。

 

「土曜深夜の放送ですし、1週間の疲れを吹き飛ばすように、気楽に見ていただければと思うのですが。さらにもっと掘り下げた部分でいろいろ感じてもらえたらうれしいですね」

関連タグ: