image

 

「僕、テレビでは“ゴリラ”とか言いますけど、アッコさんの優しさが本当に好きで。タレント同士の付き合いではなく、一人の女性としての温かさに触れるたび“好き”の濃度が増しました」

 

こう、今年10月25日にデビュー50年を迎えた和田アキ子(67)について語るのは、タレントの勝俣州和(52)。’68年、“和製リズム&ブルースの女王”と呼ばれ、『星空の孤独』でデビュー。その後、“不良番長”などの異名をつけられた和田アキ子。そんな、和田アキ子デビュー50年を記念したコンサートツアー「LEGEND OF SOUL」も開催中だ。今回、勝俣が和田アキ子の素顔を明かしてくれた。

 

「うちの家族全員が同じようにアッコさんが大好きで、13歳になる娘にとっては、親戚のおばちゃんのような存在。親には言えないようなことも打ち明けられる“アッコ姉やん”なんです。そして、そんな関係性を築いてくれたのもアッコさんですね。昔、娘がまだ2歳くらいのときに僕の家族を自宅に招待して手料理をふるまってくれて。日本中から最高級の食材を取り寄せて、娘の好物をたくさん用意してくださった。肉じゃがの肉が、A5ランクの牛肉だったんじゃないかな(笑)」

 

一緒に飲むと、勝俣におにぎりを握ってくれることもあるという。

 

「それもおいしいんですよ。『明日の朝食べな。そしたら、女房の仕事がひとつ減るだろう』と言って。“芸能界のおふくろの味”ですね」

 

そして、最後に勝俣はこんなエピソードを教えてくれた。

 

「アッコさんって、照れ屋だし、あまり人前で涙を見せない。ところが、出川哲朗さんら『アッコにおまかせ!』メンバーでやったアッコさんをもてなす会で、号泣したことがあるんです。みんなで『あの鐘を鳴らすのはあなた』を合唱して、一人ずつ感謝の言葉を述べるというサプライズをしたら、もう大泣きで。思わず、僕らももらい泣きしちゃいました。あの瞬間、和田アキ子という人との出会いに感謝しましたし、タレントとしてだけでなく、人間としても、いつか恩返しをしなければならないという思いが強くなりました。これからもずっとアッコさんと一緒にいて、悪さをしていたいですね(笑)」

関連タグ: