image

 

「役づくりのために髪を切って、すごく新鮮な気分です!」

 

そう語るのは、ドラマ出演のたびに、劇中ファッションにも注目が集まる石原さとみ(31)。主演ドラマ『アンナチュラル』(TBS系・金曜22時~)では法医解剖医・三澄ミコトを演じる。

 

「台本に“輪ゴムで縛る”ってあって。髪が長いと輪ゴムで縛るの痛いじゃないですか(笑)。しかもほどいたときに女性っぽくなるのもミコトのイメージじゃない。ということで、この長さになりました」(石原・以下同)

 

一見、特殊な世界に身を置くミコトだが、オシャレもすれば、恋にも悩む普通の女性。

 

「ミコトの私服は、見た目ではどんな仕事をしているのかわからない。そういう普通のコが法医学者をやっているところが面白いかな」

 

本作の脚本は“逃げ恥”の野木亜紀子。石原を想定して書き下ろされたという。

 

「最初は、“あてがき”と言っていただいても、自分のどういう部分を出せばいいのかまったくわからなくて。クールめに役づくりをしてみたら、『もっとやわらかく、石原さんのままでいいんだよ!』と言われるし。私ってどういう人間なんだろう? と戸惑いました。でも家族や友人に聞いてみて、そのなかからミコトを膨らませていきました」

 

くしくもタイトルとは逆に“ナチュラル”が演技の鍵に。

 

「こんなに本能的にいられる役は初めて。監督の口癖が『お芝居しなくていい』。現場で“生きる”ことだけしています」