image

 

「寒いのなんてへっちゃらです。半次郎のようにつらい境遇のなかでも信念を持つ役をいただくことが多くて。僕って耐える顔が似合うのかな(笑)」

 

こう話すのは、NHK大河ドラマ『西郷どん』第3~4回に登場した武家の少年・中村半次郎を演じた、中村瑠輝人くん(13)。中学では短距離ランナーとして陸上部に所属。『西郷どん』では、大人顔負けの剣さばきで吉之助(鈴木亮平)を圧倒した。

 

「薩摩に伝わる薬丸自顕流の方に本格的に剣術を習いましたが、構えがふだん目にする殺陣と違うので驚きました。また、半次郎が振り回す棒は、荷物を担ぐときに使うもので、木刀の3倍くらい重いものだったんです。木刀に重りをつけて素振りをしたおかげで二の腕が太くなりました」

 

演技の面白さは?

 

「ふつうに生活していたら経験できないようなことが、たくさんできるところです」

 

そう語る凛々しい横顔も、のちに薩摩藩きっての剣の使い手となる役柄にぴったりだ!