image

 

斉藤由貴(51)、小泉今日子(52)、紀子さま(51)に小室圭さんの母(51)まで……。次々にニュースの主役となる彼女たちの共通点は、’66年の「丙午」生まれであること。そんななか、昨年話題となった“ひのえウーマン”が本誌のインタビューに答えてくれたーー。

 

「私はスウェーデンで生まれたこともあり、私も両親も丙午生まれにまつわる言い伝えのことはまったく気にしていませんでした。『結婚相手が短命になる』という迷信があることを知ったのも、30歳で結婚したころくらいで。でも自分が丙午生まれであることは、物心つくころから知っていたんです」

 

そう語るのは女優の川上麻衣子(52)。’66年2月5日生まれの“ひのえウーマン”だ。海外生まれの川上だが、丙午を意識せざるをえなかった事情があるという。

 

「実は母方の祖父が私と同じ誕生日で、しかもちょうど私が生まれる60年前の1906年生まれ。2人とも丙午だったんです。子供のころから、その話は強く印象に残っていました」

 

日本に戻って学校生活を送り、中学生で女優の道へ。『3年B組金八先生』など話題作に多数出演した。手デビューもして順風満帆だった17歳のとき、なんとヌード写真集を出版して話題を呼んだ。その思い切りのよさも、丙午ゆえだろうか?

 

「性格的には気が強いほうかな(笑)。その性格と芸能活動も、たしかに関係あると思います。あの年で写真集も出せたのも、人と違うことがしたいという信念が強かったからかもしれませんね」

 

その後も映画やドラマのほか、バラエティ番組でも活躍。さらにはエッセイや絵本の翻訳にも携わり、ガラスデザイナーとしてセレクトショップも開店。芸能界の枠にとらわれず、活動の幅を広げてきた。自身と同じく強烈な個性を持った丙午女性たちには、シンパシーを感じることもあるのだろうか。

 

「同じ世代だからといって特に連帯感とかはないですね。むしろ、私としてはほかの人と違うことをしたくなるんですよ。つるむより、一人がいいというか。でも、同じ丙午生まれの安田成美ちゃんとは気が合います。血液型も同じB型だし、今でも連絡を取り合ってます。ペースが似ているし、波長が合うんです。キョンキョンとか、同世代の人たちがいろいろと話題になっていますけど、自立した女性の生き方の象徴になっている部分はあるかもしれませんよ。芸能界では、自己主張をきちんとできる丙午の性格は強みになりますよ。ただ、脚本家や監督さんが納得してくれないとモメちゃうんですけどね(笑)」

 

ところで川上さんといえば昨年10月に、5歳年上の一般男性との交際が発覚した。

 

「おかげさまで、その後も変わりなく続いていますよ!カレに『私、丙午でB型だから大変でしょ』って話したら、私の性格のことを『面倒くさい』って(笑)まあ、この性格も個性の一部ですから、これからも気にせず過ごします」

 

仕事も恋も強気に自分らしく!それが“ひのえウーマン”の生きざまなのだろうーー。