image

 

52歳の若さでこの世を去った有賀さつきさん、貴乃花親方を陰から支える花田景子夫人、3月いっぱいで終了する『あさイチ』の有働由美子アナーー。最近、ニュースでよく耳にする“女子アナ”を取り巻く環境に、身につまされる思いを抱いた読者も多いはず。そこで、年をとるごとに共感度が増す彼女たちの今に接近。そこには、確かに“読者世代のリアル”があった。

 

「勢いで生きてきたんです。行き当たりばったり人生といいますか(笑)」

 

チャーミングな容姿に、エレガントな魅力が加わって、ますます輝く永井美奈子さん(52)。母となってから、テレビの仕事はセーブし、子育てを軸に司会業やチャリティ活動、母校・成城大学で教壇に立つなど、多忙な毎日を送っている。

 

永井さんのパワーの源はやはり局アナ時代に培ったもの。日本テレビ入社は’88年。時はバブル景気の真っただ中。永井さんは、週に10本もの番組に出演、CDデビューも果たすなど、超売れっ子アナとして活躍した。

 

「残業も何百時間で、有給もお買い上げの時代。在職中は、忙しくて記憶が飛んでいる期間でもあるんです。でも、CDデビューは『藪本(雅子)さん、米森(麻美)さんという若手をもり立てるために私が入ったのかな?』って」

 

そう語るように、本人には人気者だった自覚はあまりないよう。それでも、局アナだからこそ経験できることがたくさんあり、充実していた。

 

「ミーティングにもみっちり参加して、みんなでいい番組を作り上げるプロセスを経験できたのは、社員ならでは。どんなに忙しくとも楽しくて仕方がなかった。辞めるときも『こんないい会社をなぜ去るの?』というくらい居心地のよい会社でした」

 

退社後もフリーとして活躍し、仕事には恵まれていたが、転機は’01年に訪れる。「大学院で学び直したい」と研究計画書を作成していたときに出会った現在の夫と結婚、出産。さらには、慶應義塾大学大学院入学。「すべて勢いなんです」と永井さんが語るように、その1年の間に、怒濤のように、人生は景色を変えていく。そして出産後は、テレビの仕事をセーブし、子育てを優先。

 

「長男を出産してすぐ、報道特別番組に出たのですが、息子のことが気になって。終わると猛スピードで車を運転して家に帰ったんです。これでは大好きなテレビの仕事に対して失礼だなと思って」

 

しかし昨年、十数年ぶりにBSの番組でイタリアロケに。

 

「その間、息子が家族の食事を作ったり、よくやってくれました。息子も娘もテレビに出ている私が好きで『もっと出て』と。私に子離れしてほしいのかもしれませんね」

 

子育てが一段落した永井さんの目の前には、再び自らが輝く未来が広がっている。