image

 

「掛け合いなので、そのままの私の声にすると、どっちがしゃべってるかわからなくなる。でも監督にはなんとなくの世界を作ってほしい、リズの色と少女の色を作らず、声もそんなに変えないでほしいと言われました」

 

こう語るのは、映画『リズと青い鳥』(4月21日より全国ロードショー)で劇場版アニメ声優に初挑戦した本田望結(13)。演じたのは“リズ”と“少女”の2役だが、登場場面はこの2人の掛け合いだから驚きだ。

 

「同じ声はダメだと思い、性格やテンションで表現しました。リズは大人っぽく、少女はやんちゃに。ある意味すごく難しかったですけど、とても楽しかった」(本田・以下同)

 

2役を演じた本田自身もフィギュアと女優、二足のわらじを履いている。

 

「自分の人生は自分で決めたい。応援してくれる人がいて、好きなことを2つもできる私は幸せ者。大好きなものに2つも出合えたことがうれしくて何も苦じゃないです」

 

そうはいっても厳しいトレーニングなどの積み重ね。どちらかが嫌いになったことは?

 

「もちろんトレーニングはきついですし、お芝居でたくさん怒られることもある。でも自分が頑張ったり、つらいことを乗り越えた先には絶対うれしいことがあると思うんです。だから私はうれしいこと、楽しいことしかなかったときがむしろ怖い。楽しい世界かつらい世界、どっちに行きたいか聞かれたら、つらい世界に行きたいですね」

 

そんなタフな本田にとって、フィギュアと女優はどんな存在なのだろうか。

 

「自分自身です。2つを足したら私になるんです。お父さんとお母さん、どちらか1人を選べないように、どちらか1つなんて選べない。2つがなきゃ、何のために生きてるかがわからないってくらい大切なものなんです」