5月から初のドームツアーがスタートし、ノリに乗っているGENERATIONS from EXILE TRIBE。6月13日にはニューシングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』をリリース。デビュー6年目のいま改めて7人のことを知りたいと、片寄涼太&佐野玲於にGENERATIONSメンバーのことを語ってもらった!【前編】

 

──ついに初の単独ドームツアーが開催。ステージに立った感想は?

 

片寄「圧倒されました。出ていった瞬間、“やっぱ、すっげえなドーム”って。でもお客さんがあたたかく迎えてくれたから、ほんとにうれしくて、楽しくて。まだまだ反省点もたくさんあるんですが、僕の人生のなかでも最高の瞬間でした」

 

佐野「僕も、ほんとにうれしかったです! デビューしたときから単独でドームに立つことがひとつの目標だったので。ただ、無我夢中で駆け抜けてきたから、実際に幕が開くまで実感がわかなかったんですけど(笑)」

 

──今日は、2人から見たメンバーの魅力や人柄を伺いたいです。まずは小森隼さんについて。

 

佐野「隼と初めて会ったのは、EXILEさんのバックダンサーをやったとき。トイレで並んで立ちションしてたら“君、かわいいね”って声かけてきて(笑)。まあ、僕のほうが背がちっちゃかったし、隼は大人っぽかったから。でも、よくよく聞いてみたら、まさかの同い年で。最初に上から目線で来られたぶん、そのあと、いじめました(笑)」

 

片寄「僕らはGENERATIONSのなかでも年下組ですが、そのなかで隼は、お調子者タイプ。口が達者でよくしゃべります。でも寂しがり屋なところもあるんですよ」

 

――白濱亜嵐さんはどうですか?

 

佐野「亜嵐くんは、まさにジェネの赤レンジャー。僕らの顔ですし、決断しないといけない場面では、ちゃんと引っ張ってくれます」

 

片寄「看板を背負ってくれていますね。飾らずいつも自然体なところも、亜嵐くんのいいところです」

 

佐野「最近、成熟された大人になっている感じがします。年下の僕が言うのもあれですけど(笑)」

 

――数原龍友さんについては?

 

片寄「龍友くんとはオーディションが一緒で、もう7年くらいの付き合い。筋が通っていて、頼れる兄貴分って感じです」

 

佐野「いい意味で、自由で気ままなイメージがある! なんか、妹がいるお兄ちゃんって感じがしない? 実際いるし」

 

片寄「ドラマで自分がお兄ちゃん役をやるとき、龍友くんに“妹いるってどういう感じ?”って聞いたもん。目に入れても痛くないらしいですよ(笑)」

 

――中務裕太さんは?

 

佐野「動物みたいというか、本能的というか。やりたいことは何が何でも実現するし、欲しいものがあるときはずっとそのことばっかり考えてる」

 

片寄「マイペースだよね」

 

佐野「そう。没頭しやすいタイプなのかな? パフォーマンスの面では、すごく勉強家なので助かってます。あと、ネットショッピングを始めると、ずーっとやってる(笑)」

 

片寄「楽屋でずーっとiPadいじってるね(笑)。それから、ハリネズミを飼ってて。見た目のワイルドさからすると、いちばんギャップがあるのかも」

 

――関口メンディーさんはどうですか?

 

佐野「メンディーさんがいてくれる強さってある。いろんな世代の人に認知されているし。亜嵐くんがジェネの顔なら、メンディーさんは柱かな」

 

片寄「メンディーさんが、キレイな人を見て“将来あんな人と結婚したい?”って言ってるのに対して“無理だよ。鏡見てから言え!”ってツッコむのが日常茶飯事で。もはや大黒柱という名のサンドバッグですね。めちゃくちゃ丈夫なサンドバッグ(笑)。でも優しいメンディーさんがいちばん年上でいてくれることで、メンバーそれぞれのよさが引き出されているんだと思います」