5月から初のドームツアーがスタートし、ノリに乗っているGENERATIONS from EXILE TRIBE。6月13日にはニューシングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』をリリース。デビュー6年目のいま改めて7人のことを知りたいと、片寄涼太&佐野玲於にGENERATIONSメンバーのことを語ってもらった!【後編】

 

――佐野さんから見た片寄涼太さんはどんな人ですか?

 

佐野「本人を目の前に……(笑)。涼太くんは、ツッコミが的確。すごいおもしろいんですよ。“それ言ってほしかった!”っていうのを言ってくれる。ジェネのみんなが“なんて言えばいいんだろう?”“言葉出ねえ”ってとき、さらっと“こうっしょ?”って言ってくれる。“それだよ! それそれ。あざっす!”って感じ。頭がいいんですよね」

 

片寄「すごいうれしいです! まあ僕、代弁好きなんで。“要はこういうことが言いたいんでしょ?”って言うのが好き(笑)」

 

佐野「他のメンバーにはない思考を持ってるよね」

 

片寄「たしかに、ちょっと違う視点でいようって意識はしてるかも。それがちゃんといきてるといいんだけどね」

 

――反対に片寄さんから見た佐野玲於さんというのは?

 

片寄「プロ意識っていう面でジェネを引っ張ってくれてるのは玲於じゃないかなって思う」

 

佐野「ありがとう!」

 

片寄「彼は意外と硬派で。パフォーマンスもすごくアツいんですよ。ジェネとして“誰にも負けたくねえ!”って気持ちが伝わってくる。だからこそ、不器用な部分もあって。だから僕が代弁者になってます」

 

佐野「涼太くん僕の通訳だから(笑)」

 

──新曲『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』についても教えてください。

 

片寄「実は最初に聞いたとき、みんなあんまりポジティブな印象じゃなかったんですよ。“GENERATIONS=ダンスチューン”ってイメージを打破するために、新しいことをやりたいよねって話していたときだったから。それに、これまでの自分たちを超えられるのかっていうプレッシャーもあって」

 

佐野「シングルってアーティストにとっては新しい顔を提示する機会じゃないですか。だからまたダンスチューンってなったとき、どうやったら新しい見せ方ができるのか、みんなで試行錯誤した作品です」

 

片寄「おかげで、これまでよりさらに盛り上がる曲に仕上がったと思います」

 

佐野「歌もパフォーマンスもミュージックビデオも、かなりこだわったので、ぜひ新鮮なGENERATIONSを感じてください!」