5月から初のドームツアーがスタートし、ノリに乗っているGENERATIONS from EXILE TRIBE。6月13日にはニューシングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』をリリース。デビュー6年目のいま改めて7人のことを知りたいと、関口メンディー&小森隼にGENERATIONSメンバーのことを語ってもらった!【後編】

 

――メンディーさんから見て小森さんは?

 

メンディー「いちばん寂しがり屋です。僕と隼って似ていて、親同士も仲がいい。親同士でLINEもしていると思いますよ。親同士がご飯食べているところへ俺らが行ったりしますし。隼はある意味、僕の相方的存在。GENERATIONSでも両端で支えているし、バラエティに出るときもこの2人が多めかもしれないです」

 

――弟みたいな感じ?

 

メンディー「末っ子感はあるので、かわいがられますよね。かわいいです」

 

――小森さんから見てメンディーさんは?

 

小森「敵ですね(笑)。メンバーでご飯に行くと、すごく飲ませてくるんですよ。僕も負けたくないから、いつも戦いになるですよ」

 

メンディー「いつも隣にいるんですよ」

 

小森「バラエティ番組に出てもメンディーさんのキャラにはかなわないので。でも、メンディーさんを切り口にGENERATIONSを知ってもらっていることも実感しているので。いかにそこをぶち壊していくかに焦点を置いています」

 

――小森さんはお酒が強い?

 

小森「僕は弱いです。負けます」

 

メンディー「負けるけど仕掛けてくるのは、こいつですから。チワワみたい。小型犬だけどすごく吠えるみたいな」

 

小森「否定はできないですね(笑)」

 

――メンディーさんはお酒は強い?

 

小森「飲んでいる途中で『俺はもう飲まない。オレのほうが飲んでる』とか言い出してくるんです。僕は心で戦ってぶつかりあっているのに。ということを考えると、いい意味で素直にぶつかれる相手」

 

――ツアー中はみなさんで出かけたりするんですか?

 

メンディー「次の日にライブがあると、みんなケアをしていますけど、最終日とかはご飯へ行ったりします」

 

小森「行けるときは行きたいですよね」

 

――で、隣同士になってお酒の戦いになると。

 

小森「なんだかんだいって、僕、メンディーさんのことが好きなんですよ。表向きは嫌いなんですけど。『できるだけ近づかないでください』と表向きは言うけれど、じつはめちゃくちゃ好きなんですよ。すぐにメンディーさんの横にいっちゃうんです」

 

メンディー「俺も好きだよ」

 

小森「気持ち悪っ」

 

――最後に最新シングルのお話を。3曲が収録されていますが、いちばん好きな曲は何ですか?

 

小森「『UNITED JOURNEY』は聞いていただきたいですね。シングルのA面に『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』があるんですけど、『UNITED JOURNEY』は今回のドームツアーのテーマ曲でもありますし、ドームツアーをイメージして作った曲なので、爽快感や、今のGENERATIONSの勢いを感じられる楽曲になっていると思います」

 

メンディー「『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』もすごくいい曲です。GENERATIONS史上、1位2位を争うアゲ曲だと思います。真似できるふりつけですし、みんなでやると確実に盛り上がれると思います」

 

小森「男女問わず、僕らと一緒に盛り上がってほしいです。僕らもパワーをあげたいし、みなさんからももらいたい。応援ソングにも聞こえますので、幅広い方に聞いてもらいたいと思います」