5月から初のドームツアーがスタートし、ノリに乗っているGENERATIONS from EXILE TRIBE。6月13日にはニューシングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』をリリース。デビュー6年目のいま改めて7人のことを知りたいと、白濱亜嵐&数原龍友&中務裕太にGENERATIONSメンバーのことを語ってもらった!【後編】

 

――では、ここからはこの3人について。まず、中務裕太さんからいきましょう。

 

数原「いやあ、かける言葉が見つからないですね」

 

中務「やばい、どうしようもないみたい(笑)」

 

数原「やっと彼自身が地球になじもうとしてくれてるなっていう感じですね。いや、まだ宇宙人かな」

 

中務「まだなじめてないです」

 

数原「移動するとき、いつも“プシュー”って音がしますもん。飛んでるらしいですよ」

 

中務「1ミリだけ浮いているんですよ」

 

数原「こういうこと言うやつです。いまだに謎が多い(笑)」

 

白濱「僕は大好きですよ、裕太くん。メンディーくんとはまた違う素直さを持っていて、人に優しいのでスタッフさんに対してもきちんと気遣いができるし。でも、機嫌悪いときは、あからさまなんだよね(笑)」

 

数原「あれ、ようわからへんな。“なにに怒ってるんやろ、今日?”って。たぶん不具合が起きてる、メンテナンス不足だと思うんですよ」

 

中務「ネジが1個外れる(笑)」

 

――みなさんについていろいろおっしゃっている数原龍友さんですが、どんな人ですか?

 

白濱「龍友くんは、色黒っすね。で、意外に乙女ちゃんですね」

 

数原「黙って聞いとこ」

 

白濱「ずっと同じポーチを使っていて、そのなかにいろんな美容グッズを入れてるんですよ。そのなかに爪切り、髭剃り、化粧水が入ってるんです。この間、“失くしたかも!”となったときに尋常じゃないくらい焦ってたんですよ(笑)」

 

数原「あれは本当に焦った。ちょうどいいサイズ感で、毎日使うものがいっぱい入っているので、ないと相当困ります」

 

――数原さんの人柄は?

 

中務「ストイックです。ライブ当日にジムにいきますからね。どんだけ追い込むねん! と」

 

数原「おかげでライブでは腕が上がらなくなりますけど(笑)」

 

――最後は、白濱亜嵐さんですね。

 

数原「みなさんにイケメンって言われて、確かにカッコいいと思うんですけど、ちょっとダサいところがあるんですよ。なんか、1個惜しい! みたいな。僕らがよく言うのは、急に出るガッツポーズがめちゃダサい。シャーッ! って。たまに髪の毛が横に広がりすぎてて、すごい寝ぐせになっているときがあったんですよ。それを指摘したら、いきなりバッサリ髪の毛を切っちゃって(笑)」

 

白濱「確かによく見たら、防災頭巾をかぶってるみたいだったから(笑)」

 

中務「僕は、そのかっこつけないところがいいなあと思います。世間のイケメンって、オレ様みたいなイメージが強い気がするんですけど、亜嵐くんはそういうところが全くなくて。自己犠牲の精神もすごくあるし、とても優しい人です」

 

――6月13日にニューシングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』がリリースされました。どのような1枚になりましたか?

 

数原「2018年1枚目のシングルで、3曲収録されています。『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』は、聴く人の背中を押せるようなメッセージが込められた応援ソング。最初は、僕らがみなさんを応援するというスタンスだと思っていたんですけど、ドームツアーが近づくなかで“自分たちにとっても背中を押してくれる歌詞だな”と思いながらレコーディングしました。ツアーのテーマソングになっている『UNITED JOURNEY』は、開幕感のような壮大なイメージがあって、ライブにピッタリで。そして『また、アシタ』は、歌っていてすごく楽しいですね」

 

白濱「今回は、振付けができてからミュージックビデオ撮影までの時間が本当になくて、トータルで3日間しか練習できなかったんです。しかも、踊る量がめちゃくちゃ多くて、みんな本当に苦労して。“今回ばかりは本当に間に合わないかも”という声も出るくらい追い込まれました。でも、完成したミュージックビデオを見たら、あの量をやってよかったなあと思えるパフォーマンスになっていたので達成感は大きいです」

 

中務「ミュージックビデオは、初めて女性ダンサーと本格的なペアダンスを挑戦しています。これまで元気溌剌なイメージが強かったと思いますが、すごく色っぽい演出になっています。みんなもう子供と言えない年齢ですし、ちょっと大人っぽくなったGENERATIONSを感じてもらえると思います。そこはぜひ、見ていただきたいです」