「あ〜久しぶり! あれ、うどん屋やってたん違うの? インタビュアーもやってるんか。ほんであんたいくつになったん? 50か……ってなんで私がインタビューしてんのよ! もうええわ!」

 

本誌ライターの元芸人・インタビューマン山下を前にするやいなや、冒頭から軽快なトークで爆笑をかっさらったのはタレント・女優の久本雅美。7月28日公開の映画『イマジネーションゲーム』では、元AKB48の板野友美とともに、主演を務めた。

 

芸歴は37年目に突入したが、「映画での主演は初めて」と語る久本。7月9日に、“独身”のまま還暦を迎えることに。わき目もふらずに働いてきたと話す彼女は、いま、結婚に対して“強い思い”を持っている。

 

「60歳にもなると、寄り添ってくれる人生のパートナーが必要かな、と思うことが多くなってきました。私は最近、初夢が毎回結婚式の夢で、柴田理恵に電話で報告するたびに『またか!』って言われるんです(笑)」(久本・以下同)

 

パートナーに自分の出ている番組を見てほしい、2人で見て、ウケていたら褒めてほしい——そう笑いながら話す。パートナーの理想の年齢は、55歳から63歳という。

 

「前は、相手が若いコのほうが刺激があって、仕事の幅が広がるかなと思っていました。でももういまは、穏やかで、好きなようにさせてくれて、家のこともやってくれるような、そういう大人がいいですね。自分が『眠たいわ〜』って言ったら『眠たいね〜』って一緒に言えるような、同じリズムの人じゃないと」

 

映画では初主演とは思えないほど、“厳格なOL役”を見事に演じきったが、好意を持っている男性の前では、自分を“演出”することもあるのだろうか。

 

「若いころ、私は本当にシャイで、初めてのデートのときに、喫茶店に入ってもコートが脱げなかった。おまけに、紅茶を頼んだらのぼせて鼻血を出したりして(笑)。けどこの年になるともう、自分の本性をさらけ出さないと無理やな。だって私には時間がないねんで。時間がないのに、いまさらキャラとか、とりつくろってる場合じゃない(笑)」

 

じつは、久本は一度、プロポーズされたことがある。10年以上前、当時交際していた年下の一般男性から受けたものだったが、久本から断ったという。

 

「全然悪いコじゃなかったけど、金銭感覚とか、将来的な考え方がちょっと合わなかったんです。『この人はどうやって生きていくのかな〜?』って、まだ展望が見えてない感じだったから、価値観にもズレが出てきて……ごめんなさい、ということに。それが40代後半でした。おばちゃんでも、あのころは恋愛頑張ってたんやな……。でも、そこからいっさいしてないですね。後輩たちといたほうが楽しかったし」

 

「誰かいい人いないかなぁ」と漏らす久本に、インタビューマン山下が「“熟女好き”を公言している男性もいますよ!」とフォロー(?)の言葉をかけると、久本はこう答えた。

 

「あれは熟女のことを性の対象としてだけ見てるわけやろ? 私が求めているのはそういうことじゃないねん!(笑) 人生を一緒にすごしていける人が欲しいねん。まぁ、たとえば私がその“熟女好き”の男に1回抱かれたとしよう、そのコは今度また違うババァを好きになるわな(一同爆笑)」

 

(取材:インタビューマン山下)