好調のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。〈人生、怒涛編〉と銘打たれた7月は漫画家としての限界を感じつつある主人公・鈴愛(永野芽郁・18)を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、続々と新キャストが!

 

「北川悦吏子さんが脚本に森山涼次の雰囲気を書いてくださっているので、それをたぐり寄せて演じました。具体的にいうと『大木みたいな感じで』とか、『夏のサイダーみたいな声』とか、そういうヒントがたくさん書いてありました」

 

そう話すのは間宮祥太朗(25)。彼が演じる映画会社「クールフラット」の助監督・森山涼次は、天性の優しさを持つ、感じのよい青年で人の心を癒していく。これは女性にモテそう。鈴愛とも、もしかして?

 

「一緒にいるときのリズムが重なってくる人が友達や恋人になりやすいと思うんですけど、鈴愛は話すスピードとか、自分が落ちつく、楽しいリズムを持っていて、涼次は出会いから心地いい部分があったと思います」

 

同じく新キャストの、涼次が尊敬する映画監督・元住吉祥平を演じる斎藤工(36)とは共演数も多い。

 

「工さんはすごく独特の視点を持っている方で、僕にとってすごく居心地のいい人。何度も共演してきたので、だいぶ近しい感じになれたと思います。すごく自然体で仕事することができたなという思いはあります」

 

“魅惑のだめんず”と称される、ゆる〜いようでいて、じつは……な男たちの登場で今後も『半分、青い。』から目が離せない!