「ディーンさん、とても素敵な方でした。立ち振舞いもすべてがジェントルマンで思わず見とれてしまいました(笑)」

 

今年4月から6月に放送されたドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』でディーン・フジオカ扮する真海の側近、土屋を演じた三浦誠己(42)。’03年に芸人から俳優に転身。今や100本以上の映画に出演する名バイプレーヤーとして活躍中だ。

 

映画『検察側の罪人』(8月24日公開)では橘事務官(吉高由里子)に近づく謎の男・船木を演じている。原田眞人監督作への出演は、昨年公開された映画『関ヶ原』に続いて2作目となる。

 

「原田組にまた参加させていただき光栄です。僕のシーンは少ないのですが、不気味な感じが出ていたらいいなと思っています」(三浦・以下同)

 

本編での絡みはなかったが、撮影前の顔合わせの席で木村拓哉、二宮和也と初対面したという。

 

「木村さんは動物で例えるとライオンのような存在感とオーラがあって、その場の空気を一瞬にして変えてしまう、存在自体が象徴のような方でした。二宮さんはチーターかな(笑)」

 

さすが、たとえが秀逸である。役者としてのこだわりについても変化球が返ってきた。

 

「顔は知っているけど、名前が浮かばない、というポジションでいたいんです。そのとき刑事役だったらあくまでその刑事さんとして見てほしいですね」