「福ちゃんて、すごくかわいらしくて、どこかおっちょこちょいで、チャーミングな女のコ。語りを務めながら、福ちゃん頑張れって思っています」

 

10月1日から始まった連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)のヒロイン・福子(安藤サクラ)について、そう話すのは芦田愛菜(14)。

 

「たまに視聴者のように、シーンに見入ってしまって……(笑)。監督からのアドバイスで、福ちゃんに寄り添う感じで読むことを心がけています。あとは登場人物たちをちょっと離れたところから、温かく見守るような存在でいられるように、と意識していますね」(芦田・以下同)

 

全編を通しての語りでは史上最年少。

 

「女優として演技を続けていくうえで、朝ドラは目標のひとつでもあったので、語りという形で参加させていただくことになり、すごくうれしく思っています」

 

最後に今後の見どころを聞いてみると――。

 

「3人姉妹とお母さんとの仲むつまじい家族団らんのシーンは、私が一人っ子なこともあって、見ていて羨ましいし、好きです。それと『まんぷく』には、おいしそうに食べている食事のシーンが多くて、どれもみんな温かい気持ちになれます。ほっこりするシーン、にこっと笑顔になれるシーンがいっぱいですよ!」