「2週目で福ちゃんは『私、楽天家なんです』と言うんですけど、自分がハッピーになれるよう自然に脳内で変換する女性で、福ちゃんを演じることで、名前のとおり、福に近づいていく時間を共有している感じです」

 

そう語るのは、初週平均視聴率21.9%と過去5年の朝ドラで最高のすべり出しを見せた『まんぷく』でヒロイン・福子を演じる安藤サクラ(32)。取材中も福子を彷彿とさせる明るさが印象的だ。

 

育児をしながらの撮影、子連れの初ヒロイン……と話題になったが、オファーがあった当初、安藤自身も「出産したら母親は育児に専念しないといけないと思っていた」そうで、「このタイミングでできるわけがないと思っていたから、お話がきたときはすごく悔しかった」と話す。

 

しかし、出演を決めたのは家族からの言葉だったそう。

 

「印象的な言葉は家族全員からそれぞれありました。義理の母(角替和枝)からは「これをやらないんだったら、事務所も仕事も辞めちゃいな」と。柄本のお父ちゃん(柄本明)とうちのお父ちゃん(奥田瑛二)からの『なんでそんな一大事みたいな顔しているの? やればいいじゃん』という言葉も心強かったです」(安藤・以下同)

 

夫の柄本佑(31)に相談したときには、「できると思って、前向きに考えてみたら?」と言葉を掛けてもらったそう。まさに家族に後押しされながらの出演となった。

 

「毎週台本が来るのが楽しみです。この間、萬平さん(長谷川博己)と一緒にいたら、台本を読みながら『おもしろくて、やばい』って爆笑していて、なんて幸せな作品なんだろうって思いました」

 

物語は戦争という時代背景が大きく関係してくるが、天真らんまんな福子が戦争をどう乗り越えていくかが見どころになりそう!