「衝動で生きているところが自分と似ている気がする」

 

主演映画『ごっこ』(ユーロスペースほかで公開中)で演じた城宮についてこう語るのは、千原ジュニア(44)。ジュニアは本作で、笑いなしの緊張感あるシリアスな演技を見せている。

 

物語は、ニートでひきこもりの城宮が、5歳の幼女・ヨヨ子を誘拐するシーンから始まる。そのとき、ヨヨ子が城宮を“パパやん”と呼んだことがきっかけで、2人はニセモノの親子として生活していくことに――。

 

「極悪だと思われてしまうことが、違う立場から見ると正義だったりする。“物事すべてにいろいろな側面がある”ということを感じさせられる映画だと思います」(ジュニア・以下同)

 

じつはこの作品、一時はお蔵入りかと思われた問題作。紆余曲折を経て、3年越しに公開へとこぎつけた。

 

「平尾菜々花(ヨヨ子役)という女優を埋もれさすのはあまりに惜しいと思っていたので、たくさんの人がその才能を目撃できるのは喜ばしいですね。初めてセリフを交わしたとき、“まぎれもない天才が現れたな”と感じましたから」

 

そう絶賛する平尾とは、ニセモノの親子の間に、だんだんと本物以上の家族愛が芽生えていくという、難しい関係性を演じている。

 

「完全に僕のほうが引っ張られてましたね。映画の時間軸と同じように、リアルでも彼女との距離が縮まっていく実感があって。意識して役作りをするというよりは、“生”をそのまま映画に落とし込んでいくという感覚でした」

 

撮影当時、まだ結婚したばかりだったジュニアもいまや1児の父。心境の変化はあったのだろうか。

 

「自分が明確に変わったっていうのはないですけど、“むちゃくちゃできるパスポート”をもらった気はします。ドギツい下ネタを言っても世間に受け入れられるというか」

 

劇中では、狂気をはらんだ不器用な“父親”を演じていたジュニアだが、現実の父親ぶりは?

 

「オムツ替えたり、お風呂入れたりはしますけど、まあまあ楽しいですね。家に帰ると、玄関まで必死にハイハイして出迎えに来たりとか、トイレにまでついて来たりとか、そういうのはやっぱり、うれしいですよ」