「このままじゃつまらない人間になってしまう。そう思って心構えを変えている時期なんです」

 

そう語るのは、映画『旅猫リポート』(10月26日公開)で主人公・悟を演じる福士蒼汰(25)。野良猫のナナ(声=高畑充希)は事故をきっかけに悟の猫になる。ナナと悟は強い絆で結ばれていたが、悟はある事情でナナを手放さなければならなくなり……。そして、新しい飼い主を探す旅が始まる。

 

福士は、ここ1~2年で役者として大きな変化があったという。

 

「それまで社会をシャットアウトして生きていました。たくさん作品をやらせてもらえて、忙しい日々が続いていた半面、心の中ですり減っている自分もいて……。これじゃ面白くない。何かをインプットしなければと思い、できるだけ外に出るようにしています」(福士・以下同)

 

その結果、吸収できたことは?

 

「以前は人を疑うところから始めてしまっていましたが、人ってそんなに怖くないな、と思うようになりました」

 

インプットのために、プライベートの時間も大切にするようになったそう。

 

「最近、撮影が落ち着いているときには、剣戟の稽古をしたり、誰かとご飯を食べに行ったりしています。この間はロサンゼルスにいる友達にも会ってきました。友達の誕生日会や、両親との食事も楽しかったです」

 

気持ちを新たにした福士。役者として目指すところは……。

 

「武器になるような個性を身に付けたいです。アクションは好きですし、欠かせないとも思っています。もっとほかにもいろいろ見つけていきたいです」

関連タグ: