(撮影:Michi Nakao -(C)michicolor)

世界三大バレエ団のひとつで、名誉総裁をチャールズ皇太子が務める「英国ロイヤル・バレエ団」。全団員89人中、最上位のプリンシパルは17人だけだ。

 

平野亮一(35)と高田茜(28)は、2年前の’16年に2人同時にプリンシパルに昇格した。

 

そして、平野は10月8日、今シーズン開幕の演目『マイヤリング(うたかたの恋)』で初日の主役を飾った。いわば、これは“英国ロイヤルの顔”となったことを意味する。

 

英国ロイヤル・バレエ団は、1931年創設。ニジンスキーの再来と言われたルドルフ・ヌレエフやシルヴィ・ギエムらが在籍。古典となった名作『リーズの結婚』や『マノン』『マイヤリング』などを生み出した。日本人プリンシパルとして次期新国立劇場芸術監督である吉田都(53)が’95年から15年間、Kカンパニー主宰の熊川哲也(46)が’89年から10年間在籍した。

 

日本を代表する2人のバレエダンサーとはいえ、かの英国ロイヤル・バレエ団の屋台骨を背負う存在になった今、そのプレッシャーはどれほどのものなのか。本誌記者が、英国「ロイヤルオペラハウス」リハーサル・ルームで練習中の2人を訪ねると、いかにも“楽しんでいます”といった爽やかな笑顔で迎えてくれた。

 

高田「平野さんといえば、いま女性ダンサーの間でその“料理の腕”が話題になっていますよ。先日もスタッフの人にまで『亮一の料理が食べたい』と言われちゃった」

 

平野「やはりダンサーは食べることが基本。しっかり食べないと3時間の舞台は到底つとまらない。だから自然と自分でよく工夫して料理をするようになったのかな」

 

高田「『バレエダンサーは何を食べてる?』ってよく聞かれますけど、とにかくみんな量がすごい」

 

平野「そう。茜ちゃんも背は小さいのに、驚異の食欲」

 

高田「はい、先日もロンドンにある日本式焼き肉屋さんでカルビ5人前を注文したら驚かれました」

 

平野「ロンドンでも日本食のお店が増えてきてるよね。先週、オープンしたばかりの居酒屋に行ったんだけど、2人で200ポンド(約3万円)取られてマジ、ビビった。やっぱり自分で作ったほうが安くてうまい(笑)」

 

高田「私も食べるの好きだから自分で作りますけど、亮一さんのを見ちゃうとまねできない。伊勢エビでもさばきますからね」

 

平野「先生はYouTube(笑)。僕は手を抜けない性分で……。先日パーティの差し入れに持っていったきんぴらごぼうはどうだった? ごぼうは近くに韓国食材店があって、そこで調達。食材を取り寄せてもらうこともできるんだよ。多めに作って冷凍しとくわけ。あと屋外用のバーベキューセットや日本の茶器も買ったので、みなさんを招待しようかな(笑)」

 

高田「いまロンドンでのお薦めのデートスポットってどこだと思いますか?」

 

平野「僕はカメラが趣味なので、景色がよいところが好き。たとえばロンドンの全景が見えるウォータールー橋かな。あとグリニッジ天文台。プラネタリウムもあるよ」

 

高田「ロマンチックですね」

 

平野「茜ちゃんはどこが好き?」

 

高田「ノッティングヒルにある映画館『エレクトリックシネマ』。ロンドン最古の映画館で、白い円形の外観も素敵です」

 

今年8月、英国ロイヤル・バレエ団が’19年6月21日から3年ぶりの日本公演を行うことが発表された。もちろん、2人の日本人プリンシパルも出演する予定だ。

 

高田「演目は『ドン・キホーテ』。宿屋の看板娘・キトリを披露します」

 

平野「また2人の演技を直接日本のお客さんに見てもらえるのはとても楽しみだね」

 

高田「私は最初にロイヤルで主役に抜擢されたのがこのキトリだったのですが、実は太陽のように明るい役柄が大変で。今回は、ちょっと成長した姿をお見せできるかなと心待ちにしています」

 

平野「もうひとつの“ガラ公演”の演目はまだ決まっていないので、僕もどんな踊りを披露できるのか、今から楽しみ。“2人のくるみ割り”を直接ご覧いただけるかもしれないよね」

 

高田「私たちも期待が高まります」