「自分が出ている作品はあまり客観視できるほうではないんです。でもこの作品は、恥ずかしいけどものすごく号泣しちゃって……」

 

こう語るのは2人の息子の母である篠原涼子(45)。映画『人魚の眠る家』(11月16日公開)では、突然の事故で意識不明となった娘を全力で守ろうとする母親を見事に演じきった。

 

「この作品をやらせていただいて、子どもが生きているだけでありがたいと感じました。子ども自身が幸せであればそれがすべてだなって。演じた薫子とは、子どもに対する向き合い方も似ているし、やりがいがありました」(篠原・以下同)

 

役に共感する部分が多かったというが、自身が子育てをするうえで意識していることは?

 

「手をかけすぎるのはよくないから、自分のことは自分でするとか、息子に選択肢を与えることを大切にしています。だからといって手をかけなさすぎるのではなくて、抱きしめたり、褒めたり、どの家庭もやっているとは思いますけど、うちはどの家にも負けないくらいのパワーで、情熱を持って接しています」

 

当たり前のことを当たり前にできるように訓練もしているんだとか。

 

「やってみたことに対して『すごいすごい、こんなことできるの~』ってまずは褒めて自信を持たせます。それから『これはすごいけどあまりやっちゃいけないよ』って間違っている部分があれば後付けで注意をしたりしていますね」

 

最近はあるうれしい“事件”が。

 

「息子の勉強机が散らかっていて、片付けるように話してたんです。そしたらこそこそと片付け始めたので、一人では大変だから手伝ったら私宛ての手紙が出てきて。『これママに渡そうと思ってたけど、ケンカしちゃったからやだと思って隠し持ってた』って。読んだら『いつもお仕事頑張ってるママを見て応援してるよ』って内容で。こんなふうに思ってくれてたんだ、これからはもっと優しくしなきゃって反省しました」