「ステージの横から見ていたときに、背筋の伸びた前川(清)さんのお姿がとてもきれいだなと思いました。スタイルが全然変わっていませんよね」

 

こう語るのは、今年3月、前川清が座長を務めるステージでスペシャルゲストとして招かれた松居直美(50)。来年の「50周年記念 前川清特別公演」(’19年1月24日~2月4日、明治座にて)にもゲストとして出演することが決まっている。

 

「前川さんはすごく温かくて本当に優しい方。3月の公演で私、初日にバタンって大きく転んでしまったんです。そのあと一緒に食事をしたときに『50年の間でステージで転んだことはありましたか?』って前川さんに聞いたら、『転んだことあったかな……』と考えて、『転ばないよ、俺、動かないもん』って(笑)」(松居・以下同)

 

今年芸能生活36年とベテランの松居。聞くと、息子さんは22歳になるのだとか。’03年に離婚してからは女手一つで担ってきた子育てを、こう振り返る。

 

「息子が小学校4年から6年まで不登校だったので、デビューしたことよりもそれが人生の中で大きな経験だったと思います。子どももつらかったかもしれないけど、そのおかげでいい道を通れたな、と」

 

松居のブログには、時折息子さんの後ろ姿の写真が。現在は一人暮らしをしているそう。

 

「子どもが親離れした寂しさに押しつぶされないように、自分を充実させなきゃと思って。お菓子や点心の料理教室に通い始めて、今もそれが楽しみですね」

 

ブログで反響が大きいのが、自身の更年期について気負いなくつづる記事。症状や通院の様子、食生活について詳しく、正直に語っている。更年期の差しかかり時期には、ある趣味との出合いが支えになった。

 

「夜中に目が覚めるようになったころにテレビをつけたら西口プロレス(お笑い格闘技集団)が出ていて、笑っちゃって。夜中に眠れなくて不安だった自分が、笑えたことにすごく安心したんです。それからですね。人生で初めて、追っかけというものになりました(笑)」

 

今は、13歳の愛犬・豆と平穏な日々を重ねる。今後の目標を聞くと間髪を入れずに答えが。

 

「再婚ですね、間違いなく。今は、王子様を待っている状態です。シンデレラになりたいんですけどね。行く準備はできています。再婚したときには、ぜひまた取材してください(笑)」