登坂広臣 主演映画公開も「自分を役者だとは思わない」

「昨年、ソロワークが増えて、“一人の表現者としてどういう見せ方が自分に合っているのか”という視野が広がったのかもしれません」

 

写真撮影時、シャッターを切る音に合わせて、次々とポーズや表情を変える登坂広臣(31)。「見せ方がうまくなったのでは?」と聞くと、彼はそう答えた。2月1日には主演映画『雪の華』が公開。余命宣告を受けた女性・美雪(中条あやみ)とせつない運命の恋に落ちる青年・悠輔を熱演している。

 

「中島美嘉さんの曲を題材にしていますが、ストーリー自体はオリジナル。キャラクターを作っていくなかで、脚本の言い回しを変えてみたいという自我が芽生えたりもしました。悠輔に自分を重ね合わせることで、自分の言葉として発信したいと思ったからなのでしょうが、脚本を読んでいてもどこか他人の気がしませんでした(笑)」(登坂・以下同)

 

恋愛映画出演は、演技初挑戦だった『ホットロード』以来5年ぶり。当時は、俳優のときは歌手の自分とは別の人間だと語っていた。

 

「正直、その思いは変わっていません。いまだに自分が役者だとは思わないし、役者だと言わない。実は今回のオファーをいただいたとき、すぐに引き受けることができなかったんです。少なからず映画の世界を経験して、芝居の難しさを知ったからこそ慎重になりました。撮影が終わったいまも、自分が役者だとは到底思えません」

 

そう語るいっぽう、本作のテーマである“一歩踏み出す勇気の大切さ”は日々実感しているという。

 

「僕自身、歌手になれたのも俳優に挑戦したのも、そのつど、飛び込む勇気を持てたからこそ。この映画の美雪がそうであるように人間はいつか死ぬ。だったら“いま何をすべきか”ということを考えることが大事だし、そうすれば自然に一歩踏み出す勇気が生まれる。いつか終わりがくるという現実としっかりと向き合って、どう生きていくか。改めて胆に銘じましたよ(笑)」

関連カテゴリー: