ボーカル3人、パフォーマー13人の計16人。EXILE TRIBE若手グループ「THE RAMPAGE」。’19年第1弾となる7枚目のシングル『THROW YA FIST』を1月30日にリリース、2月には初の全国アリーナツアーがスタートと、デビュー3年目を迎えて勢いづく彼ら。

 

そこで女性自身WEB版では、リーダーのLIKIYAと陣、そしてボーカルのRIKU、川村壱馬、吉野北人の5人をインタビュー。新曲の聴きどころやアリーナツアーへの意気込み、’19年の目標について語ってもらいました。

 

【 THE RAMPAGE インタビュー〔その3〕】

 

──今回のシングルの収録曲『Starlight』は、自身初のドラマタイアップ曲に決まりました。やはり気分的にも、ドラマのエンディグテーマになるというのは違うものですか?

 

RIKU「めちゃめちゃうれしいです」

 

川村壱馬「昔、自分が『花より男子』を見ていたとき、宇多田ヒカルさんの歌が毎回エンディングで流れて、そのインパクトがめっちゃ強かったんです。いまでも好きですし。やっぱりそういう曲になり得る可能性もあるということを考えたらうれしいですよね」

 

──グループにとって、『Only One』以来2作目となるオリジナルバラード。ボーカルにとってバラードというのは思い入れも変わってきますか?

 

川村壱馬「変わります。僕ら3人、RAMPAGEに入る前はずっとバラードを練習していましたし、もともとはR&Bから入っていますから。そこはやっぱり、ついに! 満を持して! という感じはあります」

 

RIKU「勢いのある楽曲のなかでのバラードなので、だからこそ表現したときにインパクトが大きくなると思います。壱馬が言ったように、満を持してというところで、レコーディングでは、いままで培ってきた力をすべてその1曲に注ぎました。グループのボーカリストというよりも、一人のボーカリストとしてのプライドを注入したという感じですね。歌の世界観はいまだからこそ表現できたのかなあ、と。『Starlight』はめっちゃ聞いています。自分たちの曲なのに(笑)」

 

吉野北人「バラードはいいですね。そのリリックの意味だったり、せつなさ、儚さだったりをしっかりと表現できるように、いつも以上に感情を込めて歌わせていただきました」

 

──この曲はライブに向けて振付けも考えているんですか?

 

陣「いまのところはないですけど、今後、ライブでいろんな演出ができそうな楽曲だと思います。まずはボーカル3人の歌声をお届けする形で」

 

RIKU「ステージに3人だけで歌う可能性もあるし、どっちもあると思います」

 

川村壱馬「全員でやってもめっちゃカッコいいと思う」

 

──今日は5人のインタビューをさせてもらいましたが、みなさん、年齢の上下関係なく、いろいろ言い合える関係のようですね。

 

RIKU「結構言いますね(笑)」

 

陣「わりといつもこういう感じです」

 

──2019年はデビュー3年目に突入しますが、どんな1年にしたいですか?

 

川村壱馬「もう新人とも言えなくなってきていますし、’18年に全員が成人を迎えて、明けて初めての年になるので、やっぱりもっと大人な雰囲気というか、本物感を見せていけたらいいなあと思います」

 

陣「あと、ソロ活動が活発になってきているんですね。俳優をやっているチームもそうですし、パフォーマーがダンス以外でラップをやったり、DJやったりといろいろな活動が増えている。黒一色のRAMPAGEでやってきたものが、今後、各メンバーがいろんな色で発信していって、またグループに戻していくという作業の繰り返しが始まると思います。そして、ソロ活動によってRAMPAGE本体がどんどん輝いていける、そんなイメージでやっていきたいですね」

 

──みなさん活躍の幅が広がっていますよね。

 

陣「グループを外に発信していくためには必須になってくると思います。16人で通れない道も、一人ひとりが繊細な道を通っていくなかで広がっていくステージというのが必ずあって、それって、個々の夢もかなっていく大事な時間でもあると思います。やっぱり、僕らはライブがメインで、ライブでこそいちばんの力を発揮する。各自がライブにしっかり戻ってくるように考えて動いていくと、ステージがとても充実すると思います」

 

──EXILE TRIBEからも若手のグループが次々と誕生しています。THE RAMPAGEはほかのグループとここが違うというのを、改めて教えてください。

 

川村壱馬「一目瞭然なのは人数が多いってことですよね(笑)。あと、現在デビューしているグループのなかでは唯一、EXILEさんとの兼務メンバーがいないということは大きな違いだと思います。いないからこそのオリジナリティーがあるとも思っていて。もちろん魂の部分でEXILEさんを継承する部分もありますけれども、そこから噛み砕いて、消化して、というのがRAMPAGEのやり方で。楽曲にしても、僕らだからこそこういう色が出せるのかな、と」

 

陣「ボーカル3人、というのも新しいと思います。そしてライブでは、13人のパフォーマーがいる強みがある。もっと言うと、ツアージャージはメンバーがデザインしていますし、ラップはパフォーマーがやり、そのリリックは自分たちで書いています。思い描いていることをいちばん具体的にできるのは自分たちの強みだと思っているので、できることは全部自分たちでやる。そのスタイルはデビュー前から続けています。そういう部分も知っていただくと、ライブをより一層楽しんでいただけるのかなぁと思います」

 

【THE RAMPAGE PROFILE】

’14年に開催され、EXILE新メンバーが決定した「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」をはじめ、ボーカリストへの夢を持つ若者が集った「VOCAL BATTLE AUDITION 4」、世界の舞台での活躍を目指す若き精鋭が参加した「GLOBAL JAPAN CHALLENGE」の3つのオーディションを通じて選ばれた16人によるダンス&ボーカルグループ。「RAMAPAGE=暴れ回る」と名付けられ、その名のごとくステージを踊り暴れるHIPHOPテイストのパフォーマンスが魅力。二度の武者修行を経て、’17年1月25日 1stシングル「Lightning」にてメジャーデビュー。同年12月からは初の全国ホールツアーを開催した。’18年9月にファーストアルバム『THE RAMPAGE』をリリースし、オリコンウィークリーチャート2位を記録。