2人の娘が嫉妬するほど!奥田瑛二が溺愛する孫たち

「これまで、個性の強いコワモテな役が多くて。もっと人間らしく、心の中をさらけだすような役を演じたいと思っているところに、照屋監督から今作のオファーをいただきました。“目”を褒められるのは、役者にとって殺し文句。その場で、出演を決めました」

 

そう語るのは、映画『洗骨』(2月9日全国公開)で主演を務める奥田瑛二(68)。監督と脚本を手掛けた照屋年之(ガレッジセールのゴリ・46)は、「奥田さんの目の奥にある悲しみに惹かれました」と言って、奥田を口説いたという。

 

洗骨とは沖縄諸島の西に位置する粟国島などに残っている風習。風葬された死者が骨だけになったころ、近親者の手で骨を洗ってもらうことで、この世に別れを告げるのだ。奥田演じる信綱は亡き妻の洗骨を通じて、生きる気力を取り戻していく。

 

「信綱の気持ちにたいへん共感しました。しかし、妻を失ってから、その大切さに気付いても遅い。僕は約5年前から妻(エッセイストの安藤和津)への感謝の気持ちを言葉で示すように心掛けています」(奥田・以下同)

 

かつて不倫したい男ナンバーワンと称された奥田。気弱で情けないダメオヤジを演じても魅力的だ。

 

「撮影初日は、照屋監督に『かっこいい奥田瑛二が残っています』と言われました。封じ込めたはずなのに……と思いつつ沖縄の風を感じていたら、“いろんなことを考えるのはやめよう”という気持ちになって。その気持ちのままカメラの前に立ったら、OKが出ました」

 

今年の3月18日で69歳を迎えるが、その色気は衰えるどころか増すばかりだ。

 

「色気を保つためには、オスであること。顔やスタイルに関係なく、野生が必要なんです」

 

目下、奥田の心を独占しているのが、長女・安藤桃子と次女・安藤サクラのもとに生まれた孫たち。

 

「娘が、『私たちの10倍も孫がかわいいと周りに言ってるんですって?』と嫉妬するほど、溺愛しています(笑)。僕が孫の青春映画を撮るには、少なくともあと12年は生きなければならない。今はそれが生きる糧ですね」

関連カテゴリー:
関連タグ: