新田真剣佑 初写真集が5万部で期待される上地雄輔超えの大記録

新田真剣佑(22)が2月9日にファースト写真集「UP THE ROAD」(幻冬舎刊)発売記念イベントを開催したと、各メディアが報じた。

 

今月1日に発売されたが、発売即日に3度の重版が決定。早くも売り上げ5万部を突破している。同日のイベントには、約3,000人のファンが参加。10日には大阪でもイベントが開催されている。真剣佑は売り上げ好調について、「とても幸せです。5万部と言われてもあまりピンときませんけど、ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべたという。

 

「日本で活動し始めてから今年で5年目ですが、同年代俳優の中では存在感が飛び抜けているといわれています。英語が堪能で、極真空手などを学んいるためアクションも得意。昨年公開の映画『パシフィック・リム: アップライジング』でハリウッドデビューを果たしただけに、今後もさらに大きな仕事が舞い込みそうです」(映画業界関係者)

 

芸能人の写真集では、乃木坂46・白石麻衣(26)のセカンド写真集「パスポート」(講談社)が異例のロングセラーとなっている。発売からまる2年となる今月7日、24度目の重版で累計発行35万部に到達した。

 

そんななか、かなりの勢いで売れている真剣佑の写真集。期待されるのは、男性芸能人の“記録”にどこまで迫れるかだという点だ。

 

「男性芸能人の“記録”保持者は、タレントの上地雄輔さん(39)。08年7月に発売されたフォトブック『上地雄輔物語』(ワニブックス)が32.2万部を売り上げ、歴代1位。2位の作品に大差をつけています。ただ勢いに乗る真剣佑さんだけに、かなりの売り上げが期待できるといわれていますね」(出版業界関係者)

 

売り上げ部数とともに、どこまでロングセラーになるのかも注目される。

関連カテゴリー: