永作博美が仕事と家庭の両立のために心がけていること

「おとなしめな役が多かったぶん、前しか向いてない女性が新鮮でしたね」

 

こう話すのは、ドラマ『みかづき』(NHK総合・土曜21時~)でカリスマ塾経営者・千明を演じる永作博美(48)。理想の教育を追求する千明は、自分の進みたい道をエネルギッシュに切り開いていく。いっぽう、彼女に見いだされた天才的講師で夫の吾郎を高橋一生(38)が演じている。

 

「千明と吾郎は、互いに相手のいいところを認識して、尊敬し合っているところがいちばん素敵だなあと思っているんです。そのうえで、しっかりと意見を持っているから何度もぶつかれる。いい夫婦だなあ、と思います」(永作・以下同)

 

役柄と同様に、第一線で仕事を続けながら、2児の母として家庭を守る永作。日ごろ心がけていることとは?

 

「きちんと説明することですね。家族と職場それぞれに、なぜ、こうなのか、と。すべて理解してもらうことは難しいとしても根気よく。人に教えるということは諦めないことだと、千明を演じて改めて思い直しました。ただ、毎日子どもたちに怒ってますよ(笑)」

 

千明の生涯を演じ切ったいま、自身のこれからを語ってくれた。

 

「年齢を重ねていくにつれて、この先どういう人生にしたいかを思い描くようになりました。そして、遠くを見るようになると、いままでと異なる豊かさが心のなかに生まれてくるんです。女優のお仕事に関しても、年をとるほど発する言葉の重みが変わると感じています。私の時間に任せて、感じるままに表現できたらいいな」

関連カテゴリー: