渡辺美佐子“憲法”を演じて知った「日本国憲法」の意味

「みなさん日本国憲法ってちゃんと読んだことあります? 私もいつ読んだのかなんて全く覚えていませんでした(笑)」

 

快活に語るのは、女優の渡辺美佐子(86)。最新作映画『誰がために憲法はある』(4月27日よりポレポレ東中野ほか順次ロードショー)で彼女が挑んだ役は、なんと日本国憲法。渡辺が演じる“憲法くん”は、ピン芸人・松元ヒロ(66)が十八番とする憲法を擬人化した一人語りだが、戦争を経験した俳優に語ってほしいという、井上淳一監督の熱望で渡辺に託された。

 

「台本を読んだら、すごくわかりやすくて。憲法というと私たちが守らなければいけないものという感覚があったんですけど、それ以上に国が暴走しないようしっかり歯止めをかけるものなんだなと、あらためて知りました」

 

セリフを覚えるのは大変だったが、心に響く言葉があったという。

 

「『私(憲法くん)はこの70年間、戦争という名の下で1人も殺していません。1人も殺されていません。それを私は誇りに思っています』と。そこは語ってみたいなと思いました」

 

“憲法くん”は12分の短編だが、本作は渡辺が戦争を経験した女優たちと34年間続けてきた、原爆朗読劇の閉幕を追ったドキュメンタリーとの二部構成になっている。

 

「私のなかでは全然別のお話だったので、最初はすごく違和感がありました。でも、考えてみればどちらも『あんな戦争は嫌。とにかくこの平和を守りたい』という目的は同じなんですよね」

 

映画の公開は、平成から令和へと新しい元号に変わる時期だ。

 

「『令』は万葉集ではいい意味だそうですが、『命令』とか『令状』とかあまりいいイメージではないですね。『和』から思い浮かぶのは『昭和』で、私にとって『昭和』は戦争のイメージがものすごく強くて。だからこそ、私たちの活動が終わっても、映画として何年先でもみていただけるのはありがたいですね」

 

これまでの活動に一区切りをつけた渡辺さんに今後の目標を聞くと。

 

「私これまでに、井上ひさしさんの一人芝居『化粧』を28年演って、原爆朗読劇を34年演ったんですよ。またそんなに長く演ったらどうなります(笑)。ただ、私にできそうでなんかおもしろそうと思ったらやらせてもらいます。これから新潟で最後の瞽女(盲目の三味線弾き)の映画を撮るので、今は瞽女の唄を懸命に覚えているところです」

 

演じることへの飽くなき情熱は、今も沸々とたぎっている。

関連カテゴリー: